Pane di semola

セモリナ・ブレッド

セモリナ・ブレッド

Loadingお気に入りに追加

セモリナ粉を使った、南イタリア特製のパンです。きれいな淡黄色の生地はセモリナ粉によるもので、薄くスライスして、こんがりと焼いたものにオリーブオイルをふりかけて、熟したトマトとバジル葉を添えると、「Bruschetta」と呼ばれる郷土料理になります。

(a)醗酵だね:強力粉125g、ドライイースト8g、温湯150g(b)パート:強力粉125g、セモリナ250g、温湯175g、塩10g、オリーブオイル30g

上記配合(a)で醗酵だねを作ります。まず温湯にドライイーストを加えて5分間ほど室温で醗酵させます。ふっくらと膨らんできたら全体をよく混ぜて、強力粉に加えて、全体がなめらかになるまで混ぜます。きれいなボウルに移し入れて、ラップで覆って1時間ほど醗酵させます。

この醗酵だねと配合(b)でパート(生地)を作ります。強力粉とセモリナ粉、塩をフルイにとおしながら混ぜてフォンテーヌ状とします。このくぼみの中に醗酵だねとオリーブオイル、温湯を加えて、手先でよく混ぜます。温湯は粉の状態を見ながら少量ずつ加えるとよいでしょう。周りの粉を引き込むように混ぜます。全体をひとまとめにしたら10分間ほど捏ねて、なめらかな状態とします。

オリーブオイルを薄くぬったボウルに移し入れてラップで覆い、1時間ほど醗酵させます。途中で2倍量となったら全体を捏ねてガス抜きをします。

手粉をふった台に移して球形にまとめます。そのまま10分間ほど休ませます。これを二等分(約150g)に分けて、それぞれを球形に整えます。テン板にオリーブオイルをぬり広げてセモリナ粉をふります。手で平らに整えてセモリナ粉をふった生地を移します。そのまま最終醗酵させて、二倍量ほどになったら、十文字に切れ目を入れます。上下温度200℃のオーブンで、蒸気を加えながら20分間を目安に焼きます。

上述の「セモリナ・ブレッド」は2021年に発刊予定の「榊満の選ぶ、お気に入りのパン」を出版するにあたり、榊 満が制作・監修した際の配合と製法になります。

セモリナ・ブレッドの年間アクセス推移

※セモリナ・ブレッドが本サイトに公開された2020年1月6日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月17日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

16

389