Flûtes

フリュート

フリュート

Loadingお気に入りに追加

イタリアレストランの食事用のパンとしてよく見られるようになりました。食感がとても軽やかで、食事が楽しくなるような、洒落たパンといえます。以下紹介の配合は牛乳でパートを練るもので上質の配合といえます。

牛乳やバターが香味のよさを感じさせてくれます。焼き上げを壊れないように袋詰めにします。塩味と、ゴマやポピーシードなど、食事に合わせて選びます。

牛乳(人肌程度)500g、イースト10g、バター125g、塩20g、強力粉850g

温めた牛乳の一部にイーストを加えてよく溶かします。これを10~20分間ほどおきます。別に強力粉に残りの牛乳とバター、塩、先のイースト液を加えてよく練り混ぜます。このパートをひとまとめにして手粉をふった作業台でよく捏ねます。

全体がなめらかな状態になったら、ひとまとめにして1時間30分間ほど醗酵させます。途中で捏ねてガス抜きをします。醗酵が終えたら全体を捏ねて、パートを30gに分割して、長さ20センチの細棒状に伸ばします。そのまま台において休ませます。

上面に溶き卵を2回ぬり広げて、好みで塩やゴマ、ポピーシードなどをまぶします。温度190~200℃のオーブンで、カリカリになるほどに焼きます。

上述の「フリュート」は2021年に発刊予定の「榊満の選ぶ、お気に入りのパン」を出版するにあたり、榊 満が制作・監修した際の配合と製法になります。

フリュートの年間アクセス推移

※フリュートが本サイトに公開された2020年9月5日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月17日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

37

298