Tarte à la rhubarbe

タルト・ア・ラ・リュバルブ(1)

ルバーブタルト / タルト・ア・ラ・リュバルブ(1)

Loadingお気に入りに追加

ルバーブタルト

夏になるとグリーンルバーブは長さは30センチほどにもなります。この季節、株ごとに個性豊かな茎が現れ、畑はにぎやかです。一般的なグリーンルバーブは茎元が赤みがかり、茎先は緑色。この時期のルバーブは青リンゴのような風味を持ちます。ルバーブの収穫は陽が昇る頃から午前中にかけて。夜露に潤う茎がたっぷり汁気を含んでいるからです。

茎の形と色、そして生の味が伝わるようにとアーモンドクリームの上に並べました。焼き上げたタルトを畑に持ち入れ、ルバーブの根元にスタンバイ。夏の陽射しは強烈。入道雲がわき上がり、天気は急変。雲の流れを見上げながら、陽がさしてくるのを待ちました。

全粒粉生地とアーモンドクリーム、ルバーブを共焼き、野菜のタルト。

直径18センチ、フラン型1台分
(a)タルト生地/小麦全粒粉:100g、バター:50g、塩:2g、水:40ml(b)アーモンドクリーム/バター:100g、きび砂糖:100g、全卵:2個、アーモンド粉:100g、小麦全粒粉:20g、ラム:少々、ルバーブ(生)

① タルト生地を作る。小麦全粒粉とバター、塩を両手ですり混ぜる。しっかりと混ざったら、水を少量ずつ加え、まとめてパート状にする。

② めん棒で厚さ1~2ミリに伸し、直径18センチのフラン型にしき込む。180℃のオーブンで20分カラ焼きする。

③ アーモンドクリームを作る。バターときび砂糖をすり立て、なめらかなクリーム状にして、全卵を加え、さらに充分にすり立てる。

④ あらかじめ混ぜておいたアーモンド粉と小麦全粒粉を加え、よく混ぜる。ラムを加える。

⑤ ④のアーモンドクリームをカラ焼きしたタルト生地に絞る。上面を整え、ルバーブは生の状態で、形がわかるように茎元から茎先までをきれいに並べる。180℃のオーブンで、30 分焼く。

上述の「タルト・ア・ラ・リュバルブ(1)」は2013年にMORRIS COMPANY, INC.が「森を散策するお菓子の本~自家畑の野菜と果実でつくる全粒粉ケーキ~」を出版するにあたり、榊 満が制作・監修した際の配合と製法になります。

タルト・ア・ラ・リュバルブ(1)の年間アクセス推移

※タルト・ア・ラ・リュバルブ(1)が本サイトに公開された2018年10月28日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月17日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

10

344