Pain aux raisins

レーズンパン

レーズンパン

Loadingお気に入りに追加

早朝から雪が降っています。家の前は小学校の通学路。子供達の色とりどりの傘がゆれながら、賑やかに通り過ぎていきます。粉をふって焼いたパンも、雪をかぶっているようです。パンを作り始めたのは20年くらい前。レシピを見ていて「こんな簡単なのか、これならつくれるかも」と思いキッチンに向かいました。このパンは見事に失敗。そこで、今度はプロが作っていたのを思い浮かべながら「こうやって捏ねていたな」とやってみると、なんとか形になりました。それから週末はパン作り。焼きたてのパンがあると食卓が楽しくなります。その時のレシピがフランスパンの基本、パン・ア・ロで、このレーズンパンも同じです。水の代わりにグリークヨーグルトの乳清を使います。ヨーグルトの乳清で生地を練っていると乳の香りがしてきます。オリーブやアーモンド、クルミなどアクセントを工夫して楽しめます。

プリン型6個分
強力粉(全粒)400g、ドライイースト10g、塩少々、ヨーグルトの乳清(または水)140ml、レーズン/ラム各適量

① レーズンは温湯でふやかしてからラム酒で和える。

② ボウルに強力粉とドライイースト、塩を入れて両手でよく混ぜ、ヨーグルトの乳清を加減しながら加える。生地の状態を確かめながら、なめらかになるまで充分に捏ねる。ひとまとめにしてボウルごとラップで覆い、40℃で1時間ほど醗酵。途中30分ほどで全体を捏ねてガス抜き。醗酵を終えたら全体をよく捏ね、レーズンを混ぜる。

③ 生地を六等分にして、両手で丸めて成形。閉じめを下にして型に詰める。

④ 上面に強力粉(配合外)を軽くふりかけ、よく切れるはさみで切れめを入れる。そのまま40℃で、10分ほど醗酵したら、190℃のオーブンで、25分を目安に焼く。

上述の「レーズンパン」は2013年にMORRIS COMPANY, INC.が「森を散策するお菓子の本~自家畑の野菜と果実でつくる全粒粉ケーキ~」を出版するにあたり、榊 満が制作・監修した際の配合と製法になります。

レーズンパンの年間アクセス推移

※レーズンパンが本サイトに公開された2018年9月24日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月18日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

11

353