ルバーブチーズケーキ

Gâteau au fromage Ruberle

ルバーブチーズケーキ

ルバーブチーズケーキ

ルバーブはシベリア原産のタデ科多年草。民族移動によりヨーロッパ、アメリカに渡り、日本には明治時代に持ち込まれました。繊維質とカルシウムが多く含まれる、酸味の強いアルカリ食品。肉食を主とする欧米人には消化を助ける食べ物と考えられています。野菜でありながら、砂糖で煮たり、果実のように使われます。フランスのアルザス・ロレーヌ地方はルバーブの産地で、ケーキの材料として昔からよく使われています。またこの地方には有名なチーズケーキ、ガトゥ・ロラン・オ・ミラベルがあります。この菓子をルバーブを使ってアレンジしました。グリーンルバーブの砂糖煮を生地の上面に絞り焼きます。素朴な焼上がりで、ルバーブの使い方として・・・

本記事の続きをみるには
無料のメンバーシップ登録を
お願いいたします。
メンバーシップ登録で
できること

01.多くの情報を得られます

レシピのすべての内容を閲覧できるほか、類似レシピの確認や、過去のアクセス推移を確認できます。

02.情報をさらに探しやすく

レシピのアクセスランキングやテキスト検索など、カテゴリ以外でレシピをさがすことができます。

03.レシピの保存が可能です

アカウントに紐づくかたちでレシピをクリップし、あなただけのレシピ集をつくることができます。

04.全て無料で利用できます

本サイトのメンバーシップはメールアドレスの登録ですべて無料でお使い頂くことができます。

メンバーシップ登録は
こちらからお願いします

44

1278