キシュ・オ・プティ・ポワ

Quiche aux petits pois

キシュ・オ・プティ・ポワ

生ハム入りのグリンピースキシュです。タルト生地に細切りの生ハムを詰めて、そこにグリンピース入りのアパレイユを詰めて共焼きにします。

グリンピース380g、生ハム150g、全卵4個、バター60g、生クリーム120~150g、塩/胡椒/ナツメグ少々、パート・ブリゼ250g

パート・ブリゼを厚さ3ミリに伸してタルト型にしき込み、生地底をピケします。生ハムは細かく刻みます。グリンピースは熱湯で5分間ほど茹でて、水気を切ります。アパレイユを作ります。ボウルに全卵を入れて、軽くかき立てて、生クリームを混ぜたら、塩と胡椒、ナツメグで香味を整えます。ここにグリンピースを混ぜます。先の生地に細切りの生ハムを詰めて、その上からグリンピース入りアパレイユを注ぎ詰めます。バターを細切りにして散らしてから、中温のオーブンで、30~40分間を目安に焼きます。

パート・ブリゼ / Pâte brisée

薄力粉500g、バター250g、塩10g、水(冷水)200ml

フレィキィ・ペースト / Flaky Paste(英)。薄力粉をふるいにとおして、塩を混ぜます。このふるった粉の上にバターをおき、スケッパーで細かく切り混ぜてから手を通すようにして粉とバターを混ぜます。バターが粉をかぶった粒子状となれば、冷水を加えて、手速く全体をあわせます。ここで練ってしまうと生地が堅くなりますので、スケッパーなどで軽くまとめます。手で軽く押えるようにして、まとめたものを半分に切り重ねるという作業を3~4回行ないます。この生地はビニール袋で包み、冷蔵庫で休ませます。

補足

グリンピースの季節は初夏。起源、原産地ともに不明ですが、日本には中国から渡来して古くから栽培されています。グリンピースはさやを開いて豆を取り出し、これを水洗いしたあと水切りします。ゆでるには鍋に水を入れ火にかけて沸騰させます。ここに塩を加えます。(水1リットルに塩10g)再び沸騰したらグリンピースを入れて、5~10分間ゆでます。すぐに供するのでなければ冷水に入れてさまします。こうすれば変色することはありません。

年間アクセス推移

※このレシピが公開された2018年10月20日以降、かつ2020年1月以降のデータから集計しております。今月の数値は2021年6月22日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。 ※集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。

Loadingお気に入りに追加

おなじカテゴリのレシピ

アンケートのお願い

あなたのお仕事をおしえてください

レシピ配信中

CRPJ Official Twitter

10

433