Pizza du Tessin

ピッツァ・デュ・テッサン(2)

テシノワ風パンピザ / ピッツァ・デュ・テッサン(2)

Loadingお気に入りに追加

テシノワ風パンピザ

テシノワ風ピザを応用したものです。これにはすこし厚めに伸したピザ生地に、ハムとトマトの刻んだもの、オリーブとマヨラナ、タラゴンなどをかさねてエメンタールチーズとオリーブ油ををふり散らして焼きます。

トマト500g、エメンタール150g、オリーブ油少々、ハム適量、マヨラナ/タラゴン少々、塩/胡椒少々、パータ・ピッツァ 250g

ピッツァ生地を通常(厚さ1.5ミリ)よりすこし厚めにに伸して、縁高のピッツァ用の型にしき込みます。トマトはへたを取り、薄い輪切りにします。生地底にタラゴンと刻んだハム、汁気を切ったトマトの粗切り、マヨラナ(シソ科の香草)の刻みと塩、胡椒をふりかけます。エメンタールチーズとオリーブ油をふり散らします。高温のオーブンで、20分間を目安に焼きます。

パータ・ピッツァPâte à pizza、(英)ピッツァ・ドゥPizza Dough

強力粉500g、イースト20g、温湯少量、オリーブ油60ml、塩少量

イーストを使った醗酵生地でピッツァの底生地になります。ボウルにイーストと少量の温湯を加えて溶かします。強力粉をふるいにとおして塩を混ぜます。これをフォンテーヌ状として、その中にイースト液とオリーブ油を入れます。粉を内側からまき込むようにして混ぜます。全体が混ざりあったら球形にまとめて、両手で押し広げるようにして、軽く打ちたたくようにして生地を捏ねます。手につかずになめらかになれば、まるめてボウルに入れ2~3時間、生地量が倍になるまで醗酵させます。生地が膨んだら手で軽く捏ねてガス抜きをます。使う量に分けて、それぞれを手で押し広げて平たくし、次にめん棒で伸します。

上述の「ピッツァ・デュ・テッサン(2)」は1985年にMORRIS COMPANY, INC.が「収穫月のタルト」を出版するにあたり、東京プリンスホテル製菓調理長 渡辺 義雄 氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

ピッツァ・デュ・テッサン(2)の年間アクセス推移

※ピッツァ・デュ・テッサン(2)が本サイトに公開された2018年10月19日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月21日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

16

217