Pizza du chef

ピッツァ・デュ・シェフ(1)

ハム、ソーセージのピザ / ピッツァ・デュ・シェフ(1)

Loadingお気に入りに追加

ハム、ソーセージのピザ

タマネギと生ハム、ソーセージのピザ。格子状の生地をかけて黒オリーブを飾って焼きます。

生ハム180g、ソーセージ60g、タマネギ200g、バター60g、トマト適量、チャツネ少々、黒オリーブ適量、パータ・ピッツァ250g

ピッツァ生地を厚さ1.5ミリに伸して、縁高のピッツァ型にしき込むか、型を用いない場合は手で薄く広げて、縁を少し厚めにしてテン板にのせます。同じ生地をもう一枚用意して、幅15ミリの帯状に切ります。生ハムとソーセージは細かく刻みます。これをボウルに移して、チャツネ(chutneyインド特有の調味料)と混ぜます。タマネギも同様に細かく刻みます。手鍋にバターとタマネギを入れ、直火でかき混ぜながら色がつくまで炒めます。この中に生ハムとソーセージを加え、さらに炒めます。先の生地に炒めた生ハムやソーセージを広げます。この上に帯状に切った生地を格子状にかけます。格子の間に黒オリーブを飾ります。高温のオーブンで、25~30分間を目安に焼きます。

「料理長のピッツァ」をもう一つ。

タマネギ500gを薄切りにしてオリーブ油をひいた手鍋で20分間ほど炒め煮します。塩、胡椒で味をととのえます。このタマネギを生地の上に広げます。この上にモッツァレラチーズ 300gをふり散らします。皮をむき、種を取り、薄切りにしたトマトを並べます。グリュイエールを300gふり散らしたら、高温のオーブンで20~25分間焼きます。焼き上る少し前にオリーブ油に浸したアンチョビとオリーブを飾ります。

パータ・ピッツァ / Pâte à pizza

ピッツァ・ドゥ / Pizza Dough(英)

強力粉500g、イースト20g、温湯少量、オリーブ油60ml、塩少量

イーストを使った醗酵生地でピッツァの底生地になります。ボウルにイーストと少量の温湯を加えて溶かします。強力粉をふるいにとおして塩を混ぜます。これをフォンテーヌ状として、その中にイースト液とオリーブ油を入れます。粉を内側からまき込むようにして混ぜます。全体が混ざりあったら球形にまとめて、両手で押し広げるようにして、軽く打ちたたくようにして生地を捏ねます。手につかずになめらかになれば、まるめてボウルに入れ2~3時間、生地量が倍になるまで醗酵させます。生地が膨んだら手で軽く捏ねてガス抜きをます。使う量に分けて、それぞれを手で押し広げて平たくし、次にめん棒で厚さ1~2ミリにのします。

上述の「ピッツァ・デュ・シェフ(1)」は1985年にMORRIS COMPANY, INC.が「収穫月のタルト」を出版するにあたり、東京プリンスホテル製菓調理長 渡辺 義雄 氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

ピッツァ・デュ・シェフ(1)の年間アクセス推移

※ピッツァ・デュ・シェフ(1)が本サイトに公開された2018年9月26日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月23日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

12

213