ガレット・オ・ポム

Galette aux pommes

リンゴのガレット / ガレット・オ・ポム

Loadingお気に入りに追加

リンゴのガレット

型を使わないで、伸した生地をカラ焼きにして、これに炒めたリンゴを盛ります。あらかじめ生地とリンゴを準備しておけば、素早く供せる便利さがあります。

リンゴ1000g、粉砂糖140g、バター60g、シナモン適量、レモン皮(細切り)適量、パート・フィユテ250g

パート・フィユテを厚さ2ミリに伸します。これを直径24センチの円形に切り、生地全体にフォークの刃先などでピケします。溶き卵をぬり、粉砂糖をふりかけて、高温のオーブンで、10~12分間焼きます。リンゴは皮を剥き、縦四等分に切り分けて芯を取り、粗切りにします。ソテー用鍋にバターとリンゴ粗切りを入れて、強火でよくかき混ぜながら炒めます。途中、粉砂糖とシナモン、レモン皮の細切りを加えて、リンゴが半透明の軽いカラメル状になるまで炒めます。リンゴの汁を切り、先の生地に盛りつけます。ソテー鍋の煮汁は配合外の砂糖とバターを、適量加えて強火で煮つめ、盛りつけたリンゴに刷毛でぬり広げて仕上げとします。

パート・フィユテ / Pâte feuilletée。

パフ・ペースト / Puff Paste (英)

薄力粉500g、水270ml、バター400g、塩13g

デトランプを作ります。強力粉をふるいにとおして塩を混ぜて、冷水とバター50g(配合より)を軽くまとめて球形にして十字切り込みを入れ、四端を開いて、平たい幅広に整えてビニール袋で包み、冷蔵庫で30分ほど休ませます。バターを練りかえして手粉をふった台でなめらかなかたまりとしてビニールで包みます。デトランプと同じ大きさにして冷蔵庫で休ませます。デトランプをめん棒で伸してバターを重ねて、バターに端を順に重ねます。あわせ目をきちんと揃えて、めん棒で細長い長方形に伸します。生地の折り方は三ッ折りと四ッ折りです。長方形に伸した生地の両端を中央部分に重ねると三ッ折り(トゥール・サンプル / tour simple)で、同じく両端1/4の部分をその内側1/4に重ねて、さらに二ッ折りにすると四ッ折り(トゥール・ドゥブル / tour double)です。一般に三ッ折り5回、四ッ折り4回で折る作業は終りです。折り終えた生地は冷蔵庫で休ませます。

あらかじめ円形の生地を焼いて、そこにソテーした果実を盛る。

この形は洋ナシやチェリー、パイナップルなどの果実にも応用できます。さらに味を深めようとするなら、果実にあった洋酒でフランベすることをすすめます。洋ナシであればウィリアム酒、チェリーであればチェリーヘリング酒、パイナップルではキルシュ酒があうはずです。

このレシピの年間アクセス推移

※このレシピが公開された2018年10月20日以降、かつ2020年1月以降のデータから集計しております。今月の数値は2021年3月2日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。 ※集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。

Loadingお気に入りに追加

補足・コメント欄

レシピ補足欄になります。外部サイトの紹介や質問などもこちらにどうぞ。

コメントを残す

同じカテゴリのレシピ

みんなのお気に入り

今月人気のレシピ

全期間人気のレシピ

アンケートのお願い

あなたのお仕事をおしえてください

レシピ配信中

CRPJ Official Twitter

1

461