Glace vanille à la menthe,après-midi

バニラアイスクリーム、ペパーミント風味

バニラアイスクリーム、ペパーミント風味

Loadingお気に入りに追加

バニラ・アイスクリームのペパーミントリキュールを混ぜたクレム・シャンティイを斜めにはさむようにしてタンバル型に詰めます。冷凍庫で凍結して、後、型から抜きます。デザート皿に移して、下側面に沿ってクレム・シャンティイを小丸絞りして、上部にバイオレットのメレンゲとミモザを飾ります。チョコレートソースを添えて供します。

バニラアイスクリーム(Vanilla Ice Cream)

グラス・ア・ラ・ヴァニーユ(Glace a la vanille (仏))。バニラで香るアイスクリーム。

牛乳500g、生クリーム500g、砂糖300g、卵黄10 個200g、バニラ1本

卵黄と砂糖を泡立てるように混ぜます。牛乳と生クリーム、バニラを中火で沸騰寸前まで熱します。先の卵黄のアパレイユに混ぜます。中火でナップの状態まで煮上げます。火からおろしてシノワをとおして冷します。フリーザーにかけて、殺菌容器に詰めて、冷凍庫で凍結・保存します。

チョコレートソース(Chocolate Sauce)

牛乳やバター、生クリームを組み合わせる豊かな味わいのチョコレートソースで、温製、冷製のいずれでも幅広く使えます。

牛乳300g、砂糖75g、バニラ1/2 本、セミスイートチョコレー卜300g、バター30g、生クリーム120g

牛乳と砂糖、バニラを直火にかけて沸騰寸前まで温めます。これをフルイにとおしてから、細かく刻んだチョコレートに混ぜます。バターと生クリームを混ぜて、再び、直火にかけて、なめらかな状態になるまで煮詰めます。温製はこのままの状態で、冷製は生クリームか牛乳を適量加えて調整します。バイオレットのメレンゲは、寒天入りイタリアンメレンゲ(Meringue itarienne)にクリスタルバイオレットの細粒を混ぜます。

卵白5 個(125g)、粉砂糖50g、グラニュー糖200 ~ 250g

卵白に粉砂糖を加えて泡立てます。グラニュー糖と水適量、バニラを直火にかけて温度115℃にに煮詰めます。このシロップを糸状に注ぎいれて、冷めるまで泡立て続けます。寒天を加える場合は上記配合に対して寒天125g を溶かして加えます。

上述の「バニラアイスクリーム、ペパーミント風味」は1985年にMORRIS COMPANY, INC.が「コンビネーション・アイスクリーム」を出版するにあたり、センチュリーハイアット東京 製菓長 松浦 惇 氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

バニラアイスクリーム、ペパーミント風味の年間アクセス推移

※バニラアイスクリーム、ペパーミント風味が本サイトに公開された2018年10月18日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月18日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

12

212