Tarte aux Raisins

タルト・オ・レザン

タルト・オ・レザン

Loadingお気に入りに追加

クレム・ダマンドにレーズンを混ぜて、タルトレット型で焼きます。このままでも充分ですが、仕上げとしてクレム・パティシエールをぬり、ブドウを飾ります。

クレムダマンド、クレム・パティシエール、パート・シュクレ

タルトレット型にパート・シュクレをしき込みます。底を充分にピケします。クレム・ダマンドにレーズンを混ぜて、型に詰めます。これはオーブン 180℃で、35分間を目安に焼きます。クレム・パティシエールを上面にぬり広げて、皮むきのブドウを並べます。

乾しブドウ / Raisins Secs

完全に熟したブドウを摘み取り、日光にあてて乾燥させたものです。フランスで市販されているものには以下のようなものがあります。

箱入りの乾しブドウ / Raisins de Caisse

南フランスで作られていて、良く熟したものを摘み取り、沸騰している灰汁の中につけ、次いで 花梗をつけたまま、日光で乾燥させます。

スミルナ産乾しブドウ / Raisins de Smyrne

マラガ産乾しブドウで、大粒のブドウで種子が少なくマスカットの味がします。

コリント産乾しブドウ / Raisins de Corinthe

イオニア海諸島に産するブドウで、小粒で、種子がなく灰汁に浸した後、房から実をはずします。

上述の「タルト・オ・レザン」は1989年にMORRIS COMPANY, INC.が「フランス銘菓」を出版するにあたり、加藤 信 氏(帝国ホテル 製菓部長)、ダニエル・ストリュース 氏(パパ・ダニエル)、大島 陽二 氏(株式会社レピドール)、フィリップ・ポンティヨン 氏(ドゥース・フランス) の4氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

タルト・オ・レザンの年間アクセス推移

※タルト・オ・レザンが本サイトに公開された2020年3月30日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月17日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

28

393