Tarte aux Pommes Grillagée

タルト・オ・ポム・グリアージュ

リンゴのタルト

パート・フィユテをタルト型にしき込み、バターで煮たリンゴを詰めて、格子状の生地をかけます。

リンゴ1.5kg、バター90g、バニラ棒1本、レモン皮1個分、レモン果汁1個分、砂糖100g

上記配合で、ノルマンディ風リンゴのバター炒めを作ります。リンゴの皮を剥き、半切りにして芯を除きます。これを薄く切ります。厚手鍋にバターを2/3量入れて火にかけます。バターが溶けてきたらリンゴを入れてバニラ棒とレモン皮、レモン果汁を加えます。ここに残りのバターを散らしてアルミホイルで覆い、20~25分間リンゴが柔らかくなるまで煮ます。レモン皮とバニラ棒を除いて 砂糖を加えて強火でリンゴがピュレ状となるまで煮ます。ちょうどスプーンですくってみて、トロッと落ちる程度の濃さにします。これは冷まします。パート・フィユテを薄く伸して、浅めのタルト型にしき込みます。縁部分をきれいに整えて、底生地を充分にピケします。ここにリンゴのピュレを注ぎ入れます。もう一枚の生地を長方形にのして、幅6ミリの帯状とします。型生地の縁に溶き卵を塗り、帯状生地を格子状にかけます。この生地にも溶いた卵を塗り、15分間ほど休ませます。温度220℃のオーブンで、20~25分間を目安に焼きます。オーブンから出したら粗熱をとり、アンズジャムをぬったあと温かい状態で供します。

もうひとつの配合、リンゴのタルト / tarte au pommes。

リンゴ4~5個、バター100g、小麦粉100g、アーモンド100g、グラニュー糖200g

パート・ブリゼまたはパート・フィユテをタルト型にしき込みます。リンゴは四つ割りにして芯を除いて粗切りにします。これに配合外のレモン果汁などをふってからタルト型に散らし詰めます。バターを小さな塊りに千切り、リンゴの周りにふります。ボウルに小麦粉とアーモンドの刻み、グラニュー糖を入れてスパテラで混ぜ合わせます。配合外のシナモンとバニラシュガーを幾らか加えます。この粉類を先のリンゴを詰めた上から均一に詰めます。中温のオーブンで、30~40分間を目安に焼きます。これは温かい状態でクレム・シャンティイを添えて供します。

お気に入りに追加

あなたのお気に入りの一覧はこちら>

年間アクセス推移

※このレシピが公開された2019年7月1日以降、かつ2020年1月以降のデータから集計しております。今月の数値は2021年8月5日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。 ※集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。

おなじカテゴリのレシピ

メニュー

カテゴリからさがす

掲載書籍からさがす

1

305