Sables nantais

サブレ・ナンテ(1)

サブレ・ナンテ(1)

Loadingお気に入りに追加

ナンテ風のサブレです。表面に模様を描きますが、これが特徴的で、味わいも軽やかです。

小麦粉300g、全卵1.5個、砂糖125g、ベーキングパウダー15g、バター100g、レモン皮1/2個

小麦粉とベーキングパウダーを作業台の上でフルイにとおしてから フォンテーヌ状にします。この真ん中に砂糖とバター、全卵、レモン皮のすりおろしを入れて 手先で充分にすり混ぜます。小麦粉を内側から引き込むようにして混ぜて、パートとします。

このパートをめん棒で 厚さ4ミリほどにのします。ギザ付きの丸抜き型でぬきます。テン板に移したら 卵黄2個とコーヒー粉を混ぜて溶いたものを 表面に 2度ぬりして、フォークの刃先で模様をつけます。低温のオーブンで30分間を目安に焼きます。

同名のアーモンド入りの配合を記しておきます。

小麦粉500g、アーモンド粉125g、砂糖250g、バター250g、全卵3個、キルシュ10ml

作り方は上記と同様です。パートをまとめたら、冷蔵庫で休ませて、めん棒で伸します。菊抜き型で抜いて、表面に卵黄をぬり、アーモンドの刻みと砂糖をふりかけて、中温のオーブンで焼きます。

上述の「サブレ・ナンテ(1)」は1989年にMORRIS COMPANY, INC.が「フランス銘菓」を出版するにあたり、加藤 信 氏(帝国ホテル 製菓部長)、ダニエル・ストリュース 氏(パパ・ダニエル)、大島 陽二 氏(株式会社レピドール)、フィリップ・ポンティヨン 氏(ドゥース・フランス) の4氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

サブレ・ナンテ(1)の年間アクセス推移

※サブレ・ナンテ(1)が本サイトに公開された2020年1月24日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月27日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

みんなのお気に入り

今月人気のレシピ

同じカテゴリのレシピ

img1
img1

72

723