ポワール・ ベル・ アンジュヴィーヌ

Poires Belle Angevine

洋梨を赤ワインで煮るもので、充分に冷やしたものを供します。

洋梨1.5kg、砂糖100g、赤ワイン1000ml、レモン皮1個分、シナモン棒1本、レモン果汁適量、洋梨のブランディ大匙2杯

厚手鍋(全ての洋梨が並べられる大きさ)を用意します。この鍋に砂糖と赤ワイン、レモン皮、シナモンを入れて直火にかけます。砂糖が溶けて沸騰したら、そのまま5分間ほど煮ます。後、火から下ろして煮液を冷まします。

洋梨は皮を剥き、芯を除きます。元の形を崩さないように充分に注意します。それぞれの底部分をほんの少し平らに切ります。これは鍋に立てやすくするためです。

鍋に洋梨を並べて、冷ましておいた液に浸します。洋ナシにかぶるほどの液量が足らなければ、適量の水を加えます。そのまま蓋をして弱火にかけて、20~45分間、果肉が柔らかくなるまで煮ます。ほどよく煮えたら、そのまま液に浸したままの状態で冷まします。この後、洋梨は網に取り、水気を充分に切ります。残りの液は別鍋にとり、再び、火にかけて強火で5~10分間、シロップ状になるまで煮ます。このシロップに配合外のレモン果汁と砂糖を加えて香味を整えます。

好みの皿に、赤ワイン煮の洋梨を並べて、その上からシロップをかけます。このまま冷やして、供する直前に洋梨のブランディをかけます。

洋なし(poires)はバラ科の木の果実。古代ローマ時代で品種が38種もあったといわれるほど古くから栽培されていた。品種は多く、収穫時期によって分けられている。プレコース:早成り、夏の早い時期。ドゥミ・セゾン:秋種。8月末から9月に収穫。タルティブ: 晩手。フランスの生産の半分はプロバンス地方とローヌ川流域のものであり、そこではプレコース種が主です。パリ地方、ロワール川流域、アンジュでは秋や冬の品種が栽培されています。

年間アクセス推移

※このレシピが公開された2019年7月1日以降、かつ2020年1月以降のデータから集計しております。今月の数値は2021年6月22日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。 ※集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。

Loadingお気に入りに追加

おなじカテゴリのレシピ

アンケートのお願い

あなたのお仕事をおしえてください

レシピ配信中

CRPJ Official Twitter

4

279