Mirlitons(Almond and Cream Tarlets)

ミルリトン

Loadingお気に入りに追加

このミルリトンは各地で様々なものが作られていて、いずれもパリを中心として作られるものと似いますが、cherbourg では 泡立てた卵白にフィリングを混ぜて作り、rouenでは全卵とアーモンドと砂糖、クリームを単に混ぜたもの、つまり、以下配合のものが知られています。

(a)小麦粉250g、バター125g、全卵2個、砂糖大匙2杯、塩小匙3/4杯、冷水大匙4杯
(b)全卵4個、砂糖200g、アーモンド粉100g、クレムドゥブル大匙2杯

上記配合(a)でパートを作り タルトレット型にしき混みます。これは30分間ほど 冷蔵庫に入れて休ませておきます。

上記配合(b)でフィリングを作ります。全卵に砂糖を加えて充分にかき混ぜます。ここにアーモンドとクリームを加えます。このフィリングを 先に用意した型にスプーンで型の3/4程まで詰めます。これはすぐに190℃のオーブンに入れます。およそ15分後にオーブンから出して アーモング 全粒・皮むき)を3個ずつ 先端を中央に向けて並べます。再び オーブンに入れて10~20分間焼きます。オーブンから出したら 型から外して粗熱をとります。供するまえに粉糖をたっぷりふりかけます。

上述の「ミルリトン」は1989年にMORRIS COMPANY, INC.が「フランス銘菓」を出版するにあたり、加藤 信 氏(帝国ホテル 製菓部長)、ダニエル・ストリュース 氏(パパ・ダニエル)、大島 陽二 氏(株式会社レピドール)、フィリップ・ポンティヨン 氏(ドゥース・フランス) の4氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

ミルリトンの年間アクセス推移

※ミルリトンが本サイトに公開された2019年7月1日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月16日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

53

968