Merveille Scharentaises

メルヴェイユ・シャランテーズ

メルヴェイユ・シャランテーズ

Loadingお気に入りに追加

コアントロ風味の揚げ菓子。生地を円形や四角など、さまざまな形に切って、油揚げにするもので、広い地域で祭りの時に作られます。形は地方によって異なり、呼び名もいろいろです。シャラント地方は優れたブランデーを産していて、この風味を加えています。

薄力粉500g、全卵4~5個、塩少々、バター100g、ベーキングパウダー15g、コアントロ適量、レモン皮1個

薄力粉とベーキングパウダーをフルイに通しながら混ぜて、フォンテーヌ状にします。このくぼみに全卵と塩、バター、レモン皮のすりおろし、コアントロを加えて、充分に混ぜ合わせます。周りの粉類を引き込むようにして混ぜて、球形にまとめて、ラップで包みます。冷蔵庫で2時間ほど休ませます。後、パートをめん棒で厚さ5ミリに伸して、幅5センチに切り分けます。揚げ油を温度180℃に熱して、上記のパートを入れて、2~3分間を目安に揚げます。すぐに、油を切りながら、紙の上に移して余分な油を除きます。粉糖をふりかけて供します。

フランス南西部各地で祝祭日に作れています。形は地方によって異なり、呼び名も色々です。丸いのは「aghulets」、長い棒状は「ambos d'oulos」とも呼ばれます。

上述の「メルヴェイユ・シャランテーズ」は1989年にMORRIS COMPANY, INC.が「フランス銘菓」を出版するにあたり、加藤 信 氏(帝国ホテル 製菓部長)、ダニエル・ストリュース 氏(パパ・ダニエル)、大島 陽二 氏(株式会社レピドール)、フィリップ・ポンティヨン 氏(ドゥース・フランス) の4氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

メルヴェイユ・シャランテーズの年間アクセス推移

※メルヴェイユ・シャランテーズが本サイトに公開された2019年12月10日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月17日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

36

521