Galette charentaise

ガレット・シャランテーズ(1)

ガレット・シャランテーズ(1)

Loadingお気に入りに追加

アンゼリカの砂糖漬けを加えたガレットです。シャラント地方は、コニャックの表記のある優れたブランデーによって世界中に名を知られています。

薄力粉500g、砂糖200g、バター175g、塩10g、全卵2個、アンゼリカ75g、ベーキングパウダー15g

薄力粉と塩、ベーキングパウダーをフルイにとおして混ぜておきます。ボウルにバターを入れて、スパテラでかき混ぜてなめらかなクリーム状とします。ここに砂糖を加えて、よく混ぜます。さらに、全卵をひとつずつ加えて、充分に混ぜ合わせます。先のフルイにとおした粉類を混ぜます。細かく切ったアンゼリカの砂糖漬けを加えて、よく混ぜ合わせます。ラップなどで被って、冷蔵庫に入れて休ませます。後、粉をふった台に移して、パートを200~300gの大きさに分けて、めん棒で厚さ1センチに伸します。これを直径20~22センチの円形に切ります。表面に配合外の卵黄を刷毛でぬり、フォークの刃先で模様を描きます。温度220~230℃のオーブン、10~15分間を目安に焼きます。

上述の「ガレット・シャランテーズ(1)」は1989年にMORRIS COMPANY, INC.が「フランス銘菓」を出版するにあたり、加藤 信 氏(帝国ホテル 製菓部長)、ダニエル・ストリュース 氏(パパ・ダニエル)、大島 陽二 氏(株式会社レピドール)、フィリップ・ポンティヨン 氏(ドゥース・フランス) の4氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

ガレット・シャランテーズ(1)の年間アクセス推移

※ガレット・シャランテーズ(1)が本サイトに公開された2019年11月30日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月17日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

18

363