Galette au Beurre

ガレット・オ・ブール

ガレット・オ・ブール

Loadingお気に入りに追加

ガレットとは「薄い、丸い形の」菓子です。使われるパートは、地方によってさまざまで、いずれも特徴あるものとなっています。ここで紹介するガレット・オ・ブールは、名前のとおりにバターの香味が充分に生かされていて、口あたりも軽やかで、香味も大変に豊かです。

バター250g、粉砂糖150g、卵黄60g、薄力粉250g、ベーキングパウダー1.5g、塩2.5g、バニラエッセンス適量、ラム適量

あらかじめ薄力粉と塩、ベーキングパウダーをフルイにとおして混ぜておきます。

ボウルにバターと粉砂糖を入れて泡立器で充分にすり立てます。ここに卵黄を少量ずつ加えて、さらにすり立てます。このすり立ては手作業では大変ですから、できればミキサーを利用すると良いでしょう。バターと砂糖、それに卵黄が充分にすり立てられたら、先の粉類を加えて、スパテラで軽く、しかも、しっかりと混ぜ合わせます。バニラエッセンスとラムを加えます。

作業台に手粉をふっておき、上記のパートを移して、めん棒で厚さ5ミリに伸します。これを好みの大きさのセルクル型で抜きます。そのままセルクル型にパートを入れた状態でテン板に並べます。温度180℃のオーブンで、20~30分間を目安に焼きます。オーブンから出したら粗熱を取り、型から丁寧に外して冷まします。

上述の「ガレット・オ・ブール」は1989年にMORRIS COMPANY, INC.が「フランス銘菓」を出版するにあたり、加藤 信 氏(帝国ホテル 製菓部長)、ダニエル・ストリュース 氏(パパ・ダニエル)、大島 陽二 氏(株式会社レピドール)、フィリップ・ポンティヨン 氏(ドゥース・フランス) の4氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

ガレット・オ・ブールの年間アクセス推移

※ガレット・オ・ブールが本サイトに公開された2019年11月14日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月17日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

47

906