Fougasse

フガース

フガース

Loadingお気に入りに追加

フガースはプロヴァンス地方の方言でフワス(fouace)のことです。フワスは上質の小麦粉を醗酵させずにオーブンで焼いたガレットの一種でした。この言葉はカマド(focus)の灰の下で焼かれたことから、この名前が付けられました。ラブレーは「昼食に、焼き立てのフワスといっしょに、ぶどうを食べるきは、神の恵みの肉を食べるようなすばらしいことであることを心に留めて置きなさい」と評価していました。

小麦粉500g、砂糖100g、塩5g、オリーブオイル大匙4杯、全卵2個、卵黄1個、イースト10g、水グラス2杯

イーストを少量の温湯で溶かします。これは小麦粉250gと混ぜて、1時間ほど醗酵させます。残りの小麦粉をフォンテーヌ状として、この真ん中の窪みに全卵、卵黄、砂糖、塩、を入れて、手先で充分に混ぜ合わせます。香料として、適量のオレンジ・フラワー・ウォーターを加えます。先に醗酵させたパートを加えて、良く混ぜ合わせます。小麦粉を内側から引き込むようにして混ぜ合わせます。最後にオリーブ・オイルを少量ずつ混ぜ合わせます。これは、再び、3時間ほど醗酵させます。充分に醗酵したら、150gの重さに分けて、めん棒で厚さ3センチにのします。これをオヴァール状に形作り6箇所の切り込みをいれます。中温のオーブンで、15分間を目安に焼きます。

上述の「フガース」は1989年にMORRIS COMPANY, INC.が「フランス銘菓」を出版するにあたり、加藤 信 氏(帝国ホテル 製菓部長)、ダニエル・ストリュース 氏(パパ・ダニエル)、大島 陽二 氏(株式会社レピドール)、フィリップ・ポンティヨン 氏(ドゥース・フランス) の4氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

フガースの年間アクセス推移

※フガースが本サイトに公開された2020年7月13日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月17日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

41

396