Far Breton

ファル・ブルトン

ファル・ブルトン

Loadingお気に入りに追加

ブルターニュ地方のファル。ファルは「ブルターニュ地方の」フランのことで、フラン(flan)は卵をベースにしたプリン系のアパレイユを型に詰めて焼くものです。ここでは型にパート・シュクレをしき込み、その上にプラムを並べてアパレイユを詰めて焼きます。

プラム適量、薄力粉40g、生クリーム400ml、砂糖100g、全卵6個

プラムは干したものを利用します。これは温湯に2時間ほど浸しておき、やわらかくなったら水気を充分に切ります。パート・シュクレを下記配合で用意して、直径15センチのセルクル型にしき込んで、カラ焼きしておきます。記配合でフランのアパレイユを作ります。ボウルに薄力粉と砂糖を入れて泡立器で混ぜます。ここに生クリームを少量ずつ、泡立器で混ぜながら注ぎ入れます。ほぐした卵黄を加え混ぜます。全体を良く混ぜ合わせたらシノワにとおして漉します。先のカラ焼きしたパートにプラムを並べて、フランのアパレイユを注ぎ入れます。上面を整えてからて、中温のオーブンで、90分間を目安に焼きます。表面が綺麗な焼き色となり、竹串をいれてみて、アパレイユが串に付かなければ焼き上がりです。温かい状態で、好みの大きさに切り分けて供します。

パート・シュクレ(pâte sucrée)は以下配合で用意します。

バター180g、砂糖120g、卵黄1個、薄力粉375g

薄力粉をフルイにとおして、フォンテーヌ状にします。中央の窪みに、バターと砂糖、卵黄を入れて手先で充分にすり混ぜます。つぎに薄力粉を内側から引き入れるようにして混ぜます。これはひとまとめにして冷蔵庫で休ませます。手粉をふった作業台に移して、めん棒でうすく伸します。セルクル型にしき込み、カラ焼きします。

プラムの代わりにサルタナやカレンツなどのレーズンを用いてもよいでしょう。

上述の「ファル・ブルトン」は1989年にMORRIS COMPANY, INC.が「フランス銘菓」を出版するにあたり、加藤 信 氏(帝国ホテル 製菓部長)、ダニエル・ストリュース 氏(パパ・ダニエル)、大島 陽二 氏(株式会社レピドール)、フィリップ・ポンティヨン 氏(ドゥース・フランス) の4氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

ファル・ブルトンの年間アクセス推移

※ファル・ブルトンが本サイトに公開された2019年11月13日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月17日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

22

431