クラフティ・ペリグルディーヌ

Clafoutis Perigourdine

クラフティ・ペリグルディーヌ

クラフティ・ペリグルディーヌ

クラフティは、各種の果実入りのフランともいえます。ただし、クラフティと呼ぶには、一般的には底生地を使わないで、陶器の型などに直接アパレイユを詰めて焼くようです。各地方には特産の果実があって、それを加えることで、名前に地方名が付けられます。黒いチェリーを加えるとリムザン風となります。ここではクリのシロップ煮を加えています。クリはシロップ煮を利用します。ボウルに全卵と砂糖を入れて、泡立器で充分にかき混ぜます。ここにフルイにとおした薄力粉を加えてスパテラで混ぜます。牛乳を加えたら、シノワにとおして、ダマなどを除きます。ココットなどの耐熱性の型に、クリのシロップ煮を並びます。その上から、先のアパレイユ・・・

レシピの続きは
メンバー限定です

0 views

918