Pâtisseries au fromage

パティスリー・オ・フロマージュ

パティスリー・オ・フロマージュ

Loadingお気に入りに追加

この分野の商品はパティシエのスペシャリテで、日常のパートやクレムを利用して、おしゃれな食べ物として工夫できます。英国ではセイヴォリー(Savory)として、ディジェスティフ(digestif)=食後洒として供されます。

サブレ・オ・パルムザン / Sablés au parmesan

小麦粉230g、アーモンド粉100g、パルメザンチーズ50g、バター200g、全卵1/2個、卵黄1個

小麦粉とアーモンド、すりおろしたパルメザンチーズを混ぜます。小さく刻んだバターを混ぜて、さらに全卵と卵黄を混ぜて生地にまとめます。これをビニール袋で包んで冷蔵庫で1~2時間休ませます。後、めん棒で厚さ2~3ミリに伸して、好みの形に抜きます。テンパンに並べて中~高温のオーブンで焼きます。冷めてからクレム・オ・フロマージュ(下記参照)をぬり、2枚一組にします。

クレム・オ・フロマージュ / Crème au fromage

エダムチーズ150g、クリームチーズ150g、バター120g、パプリカ少々、カイエンペパー少々

エダムチーズをすりおろして、クリームチーズを混ぜます。バタ-を練って混ぜて、パプリカとカイエンペパーを混ぜて香味を整えます。

ミルフィユ・オ・フロマージュ / Millfeuilles au fromage

フィユタージュ・オ・フロマージュ(feuilletage au fromage)にクレム・オ・フロマージュを用います。フィユタージュ・オ・フロマージュは一般的なパート・フィユテを用意して、小麦粉1kgに対してバターは700gに減らして、最後の折りに、すりおろしたパルムザンチーズとカイエンペパーをふりまきます。

上述の「パティスリー・オ・フロマージュ」は1980年にMORRIS COMPANY, INC.が「食卓の饗宴」を出版するにあたり、安井 寿一 氏(ホテル・プラザ 製菓調理長)、玉造 正男 氏(赤坂プリンスホテル チーフ・ベーカー)、渡辺 義雄 氏(東京プリンスホテル チーフ・ベーカー)、阿部 忠二 氏(パティシエ・ドゥ・ミッシェル) の4氏に依頼し、共作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

パティスリー・オ・フロマージュの年間アクセス推移

※パティスリー・オ・フロマージュが本サイトに公開された2019年7月29日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月20日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

10

299