Melon rafraîchi au liqueur

メロン・ラフレシ

メロン・ラフレシ

Loadingお気に入りに追加

フルーツをつかった冷菓(アントルメ・ドゥ・フリュイ・フロワ)で代表的なものがメロンのラフレシと呼ばれるものです。簡単にいえば、生のメロンを冷やして供するものです。ラフレシは“さわやかにする冷たいもの”という意味。メロンだけでなく、生のフルーツを洋酒などでマリネして供するものを、この名で呼んでいます。

メロンは生のまま冷やして供するフルーツです。オードブルとして清涼感と食欲増進、それにデザートとしては甘みと香りを楽しむものです。

メロンにはマスクメロンとウリに近いカンタループメロンの2系統があ理ます。マスクメロン(ムロン・ミュスケ / melon musque)はその名のとおり芳香高く甘味も強いのでデザートに適しています。カンタループや最近の交配種(コサックメロン、アンデスメロンなど)は料理のオードブルやマセドワーヌに用います。

メロンの柄のついた下あたりを切って、供し飾る時のふたにします。その切り口から中の種の部分を取り出して、くり抜きなどを用いて果肉を小さい球状にくりぬきます。果皮を傷つけないよう注意します。果肉をボウルに入れて適量の砂糖をふりかけて好みのリキュール(キルシュなど)やぶどう酒(ポルト、マルサラ、マディラ、シェリー、フロンティニヤンなど)をかけてマリネします。これを冷蔵庫に1~2時間入れておきます。

もしも、メロンの器よりも高く盛り上げたい時は、別のメロンから果肉だけをぬきとって加えるといいでしょう。このようにメロンの果皮は器(ケース)にすることがあるので、抜き取った後の果皮の中にも同じリキュールかぶどう酒を少量ふりかけて冷やしておくといいでしょう。果肉がよく冷えてから器に入れます。メロン単体で盛る以外に、色どりの良いほかの果実(イチゴなど)と盛り合わせるのも好みです。ふたをかぶせるか、横に添えて供します。これを食卓で、それぞれに分けるか、皿に盛り合わせて供します。デザートではムロン・アン・スユルプリ-ズ / Melon en surpriseと呼ぶこともあります。

上述の「メロン・ラフレシ」は1980年にMORRIS COMPANY, INC.が「食卓の饗宴」を出版するにあたり、安井 寿一 氏(ホテル・プラザ 製菓調理長)、玉造 正男 氏(赤坂プリンスホテル チーフ・ベーカー)、渡辺 義雄 氏(東京プリンスホテル チーフ・ベーカー)、阿部 忠二 氏(パティシエ・ドゥ・ミッシェル) の4氏に依頼し、共作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

メロン・ラフレシの年間アクセス推移

※メロン・ラフレシが本サイトに公開された2018年12月16日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月28日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

みんなのお気に入り

今月人気のレシピ

同じカテゴリのレシピ

img1
img1

27

292