Gelée au champagne

ジュレ・オ・シャンパーニュ(1)

ジュレ・オ・シャンパーニュ(1)

Loadingお気に入りに追加

マスカット(ブドウの一種)の皮を剥いて、種を取ります。このマスカットを脚高のクープに詰めます。シャンパンゼリー(下記参照)を用意して、クープに満たします。このまま冷蔵庫に入れて冷やし固めます。シャンパンのほかにシェリー酒、マディラ酒、マルサラ酒、ポルト酒などでも用いられます。ただし、これらのお酒は味が強めなので、水との割合を7:3程度にして試みます。

シャンパンゼリー / Gelée au champagne

シャンパン500g、水500g、砂糖500g、ゼラチン(板)15~20g、レモン1個、卵白1個

卵白と水50gを泡立器で溶きほぐします。手鍋に残りの水と砂糖、レモン表皮と果汁、ゼラチン、溶いた卵白を入れて弱火にかけます。スパテラで混ぜながら沸騰に導きます。火を弱めるて液面がさざ波を立てるほどで3~4分間煮ます。火から下ろし、濡らした布で漉します。そのまま粗熱を取り、シャンパンを混ぜます。

上述の「ジュレ・オ・シャンパーニュ(1)」は1980年にMORRIS COMPANY, INC.が「食卓の饗宴」を出版するにあたり、安井 寿一 氏(ホテル・プラザ 製菓調理長)、玉造 正男 氏(赤坂プリンスホテル チーフ・ベーカー)、渡辺 義雄 氏(東京プリンスホテル チーフ・ベーカー)、阿部 忠二 氏(パティシエ・ドゥ・ミッシェル) の4氏に依頼し、共作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

ジュレ・オ・シャンパーニュ(1)の年間アクセス推移

※ジュレ・オ・シャンパーニュ(1)が本サイトに公開された2019年7月8日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月23日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

15

256