Fruits confits

フリュイ・コンフィ

フリュイ・コンフィ

フルーツの砂糖漬けです。すこし前の時代、洋菓子店で作る副材料でしたが、現在では市販品が主流です。オレンジやレモン、グレープフルーツなど、毎日の作業で使われるフルーツの果皮が利用できます。

フルーツの砂糖漬けは砂糖の浸透・防腐作用を利用したものです。糖度の低いシロップから糖度の高いシロップに徐々に浸けることで、フルーツの内部に砂糖(シロップ)をしみ込ませます。これによってフルーツは保存に適した状態になります。以下は、オレンジを例にしてフリュイ・コンフィを説明します。同様の方法で、さまざまなフルーツ類を加工することができます。

オレンジ5~8個、グラニュー糖1000g、水300g

オレンジは果皮の両端を切り、横半割りにして果汁を絞ります。手鍋にオレンジ果皮を入れて、浸るほどの水(配合外)を加えて、20~30分間、水煮にします。この後、オレンジ果皮を取り出して、水洗いをしながら内側の筋などを除きます。手鍋に上記配合の砂糖と水、オレンジ皮を入れて、強火にかけて沸騰に導きます。かるく沸騰したら弱火にして1~2時間煮ます。保存用容器(深めのバットなど)にシロップごと移し入れて、上面をラップなどで覆い、そのまま20~24時間浸けておきます。

次の日に、シロップ(糖液)の糖度を5~10度高めて、つまり、手鍋にシロップを移し入れて、砂糖を加えるか、シロップを煮詰めて、オレンジ皮を加えて、かるく煮ます。同様にして一晩浸しておきます。このようにして最終的に糖度60~75度にします。所定糖度になったら網に移して、風通しの良い場所で乾かします。またはグラニュー糖をまぶします。

お気に入りに追加

あなたのお気に入りの一覧はこちら>

年間アクセス推移

※このレシピが公開された2021年5月23日以降、かつ2020年1月以降のデータから集計しております。今月の数値は2021年8月1日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。 ※集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。

おなじカテゴリのレシピ

メニュー

カテゴリからさがす

掲載書籍からさがす

1

204