Cakes / Madeleine

ケイク / マドレーヌ

ケイク / マドレーヌ

Loadingお気に入りに追加

バターケーキと呼ばれる菓子で、オーブンから出した、そままの形が商品となります。パウンドケーキやカトルカールが代表的で、以下のマドレーヌなども多く作られます。

ガトゥ・サブレ / Gâteau Sablé

バター200g、全卵250g、小麦粉250g、コーンスターチ100g、牛乳200g、ベーキングパウダー12g、レモン皮・果汁1/2個、塩少々

バターと砂糖をすり混ぜて、全卵をひとつずつ加えて充分に泡立てます。小麦粉とコーンスターチ、ベーキングパウダーをフルイに通して混ぜておきます。この粉類を混ぜて、温めた牛乳を混ぜます。マンケ型を用意して、型の7~8分目まで詰めて、中温のオープンで焼きます。粉砂糖を軽くふって仕上げとします。

マドレーヌ / Madeleine

バター300g、砂糖400g、全卵300g、卵黄120g、小麦粉500g、ベーキングパウダー10g

小麦粉とベーキングパウダをフルイに通して混ぜておきます。バターをほぐして、先の粉類をすり混ぜます。全卵と卵黄、砂糖を混ぜて、湯せんにかけながら充分に泡立てます。これを先のバターなどに少しずつ加えて、充分に泡立てます。マドレーヌ型を用意して、型の7~8分目に詰めて、高温のオーブンで焼きます。

ケーク・オ・フリュイ・コンフィ / Cake aux fruits confits

バター200g、砂糖230g、全卵250g、小麦粉300g、フリュイコンフィ300g、ベーキングパウダー5g、レモン表皮1/2個、塩少々

フリュイ・コンフィはフルーツの砂糖漬けで、パイナップルやオレンジ、レーズンなど、好みで2~3種類を混ぜます。小麦粉と塩、ベーキングパウダーをフルイに通して混ぜます。バターをやわらかくほぐして、砂糖を加えてよくすりあわせます。全卵をすこしずつ加えて、充分に泡立てます。先の粉類を混ぜます。フリュイコンフィは小さく刻んでキルシュでマリネします。これを混ぜて、好みの型に7~8分目まで詰めます。中温のオーブンで焼きます。オーブンから出したら、型から外してグラス・ア・ロ(glace à l’eau)をグラッセします。好みのフリュイコンフィやピスターチの刻みなどを飾ります。

上述の「ケイク / マドレーヌ」は1980年にMORRIS COMPANY, INC.が「食卓の饗宴」を出版するにあたり、安井 寿一 氏(ホテル・プラザ 製菓調理長)、玉造 正男 氏(赤坂プリンスホテル チーフ・ベーカー)、渡辺 義雄 氏(東京プリンスホテル チーフ・ベーカー)、阿部 忠二 氏(パティシエ・ドゥ・ミッシェル) の4氏に依頼し、共作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

ケイク / マドレーヌの年間アクセス推移

※ケイク / マドレーヌが本サイトに公開された2019年7月30日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月16日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

20

451