サブレ

Sables

サブレ

Loadingお気に入りに追加

伸し生地。油脂(バター)が糖分(砂糖)より多く加わる配合です。そのため、パートをまとめたら、冷蔵庫で充分に冷やしてから伸します。切り分けたり、抜いたりと形はさまざまですが、ここでは「扇」形とします。

薄力粉500g、バター375g、粉砂糖150g、全卵1個、塩・少々、バニラ1本

バニラは縦に切れ目を入れて、中の実を取り出しておきます。バターをやわらかく練りかえします。ここに全卵と粉砂糖、バニラの実、塩を加えて、充分にすり混ぜます。全体がなめらかな状態となったら、薄力粉を加えてパート状とします。これをひとまとめにして、ラップで包んで冷蔵庫で冷します。後、手粉をふった大理石の上で、厚さ 2.5ミリにめん棒で伸します。直径10センチのギザ付きの丸抜型で抜きます。これを四等分に切り、扇形とします。テンパンに並べて、溶き卵をぬります。温度200℃のオーブンで、7~10分間を目安に焼きます。

伸し生地とは「まとめた生地をめん棒でうすく伸す」ことから、また、練り込み生地とは「生地を作る過程で、小麦粉にバターを練り込む」ことから名付けられたものです。これらの主材料は、小麦粉・バター砂糖・全卵で、これに香料やナッツ類、ココアなどの副材料が加わります。配合によっては、生地を補うために膨張剤が加わるものもあります。この伸し生地の最大の特徴は「生地全体にバター(油脂)の細かい粒子が散らばる」ものです。生地の練り混ぜをできるかぎり最小に抑えることで「生地はサクサクとした砕けやすさ」が得られます。

このレシピの年間アクセス推移

※このレシピが公開された2018年12月21日以降、かつ2020年1月以降のデータから集計しております。今月の数値は2021年3月6日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。 ※集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。

Loadingお気に入りに追加

補足・コメント欄

レシピ補足欄になります。外部サイトの紹介や質問などもこちらにどうぞ。

コメントを残す

同じカテゴリのレシピ

みんなのお気に入り

今月人気のレシピ

全期間人気のレシピ

アンケートのお願い

あなたのお仕事をおしえてください

レシピ配信中

CRPJ Official Twitter

2

418