Florentins(2)

フロランタン(2)

フロランタン(2)

Loadingお気に入りに追加

加熱生地(マス・ロティ)。ひとつのアパレイユでつくるもので、前記に比べて、薄力粉と卵白などの「つなぎ」の材料が加わりません。

バター100g、砂糖200g、蜂蜜100g、生クリーム150ml、オレンジコンフィ200g、アーモンド(くだき)300g

手鍋にバターを入れて、直火にかけて煮溶かしてから、砂糖と蜂蜜、生クリームを加えてプティ・ブーレ(115~118℃)まで煮詰めます。ここにオレンジコンフィの刻んだもの、アーモンドの砕いたものを加えて、良く混ぜ合わせます。

テン板にうすく油をひいておき、ここに上記のアパレイユを、スプーンで適量ずつ盛りつけます。牛乳を浸したフォークの背で平らに整えます。温度180~200℃のオーブンで焼きます。焼成中に油をぬったセルクル型や抜型で、形を整えることも可能です。

写真左のフロランタンは、ゴマを加えたもの、右はピスターチなどのナッツ類を混ぜたものです。アパレイユはビーネックス(商品名)という混合乾燥粉を利用します。これに。3~4割りのナッツ類を混ぜて専用型に詰めて焼きます。

上述の「フロランタン(2)」は1998年にMORRIS COMPANY, INC.が「乾き菓子495」を出版するにあたり、東京プリンスホテル製菓調理長 渡辺 義雄 氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

フロランタン(2)の年間アクセス推移

※フロランタン(2)が本サイトに公開された2019年8月30日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月28日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

みんなのお気に入り

今月人気のレシピ

同じカテゴリのレシピ

img1
img1

60

474