Bouchons de champagne

ブション・ドゥ・シャンパーニュ

ブション・ドゥ・シャンパーニュ

Loadingお気に入りに追加

型詰め生地。焼き上がりの形がシャンパンのコルク栓と似ていることから名付けられたものです。写真は焼き上げた形のものです。試作するまで名前の意味が分かりませんでした。

薄力粉40g、コーンスターチ30g、卵白5個、チョコレート(バニラ)90g、バター90g、砂糖80g、卵黄5個、バニラ1/2本

薄力粉とコーンスターチをフルイにとおして混ぜておきます。卵白は、常のとおりに泡立ててメレンゲ状とします。チョコレートは湯せんにかけて溶かします。バターに砂糖を加えてよく練りほぐしてから、充分にすり立てます。ここに卵黄を加えて、さらにすり立てます。全体がぼってりと、泡立ったら、溶かしたチョコレートを加え混ぜます。メレンゲと粉類を順に加えて、丁寧に混ぜ合わせます。好みの大きさのタンバル型を用意して、型の内側にバターをぬり広げて、薄力粉をまぶしておきます。

この型に、上記のアパレイユを型の4/5まで注ぎ詰めます。温度180~200℃のオーブンで、10~15分間を目安に焼きます。焼成中にアパレイユが型いっぱいまで膨らんでシャンパンの栓の形となります。オーブンから出して粗熱を取り、型から外して冷まします。後、アンズジャムをぬり広げてチョコレート味フォンダンをグラッセして仕上げとします。楽しい商品ですから、ぜひ、試して下さい。

上述の「ブション・ドゥ・シャンパーニュ」は1998年にMORRIS COMPANY, INC.が「乾き菓子495」を出版するにあたり、東京プリンスホテル製菓調理長 渡辺 義雄 氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

ブション・ドゥ・シャンパーニュの年間アクセス推移

※ブション・ドゥ・シャンパーニュが本サイトに公開された2019年10月1日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月17日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

12

305