Strawberry cream cheesecake

イチゴ飾りクリームチーズケーキ

イチゴ飾りクリームチーズケーキ

Loadingお気に入りに追加

クリームチーズとフロマージュ・ブラン、それに生クリームとイタリアンメレンゲが加わるムースタイプのレアチーズケーキです。とても軽い味わいが特長です。イチゴを飾っていますが、季節に応じて洋ナシやマロン、オレンジなど、さまざまに利用できます。

クリームチーズ630g、フロマージュブラン 630g、塩少々、レモン果汁・皮 3 個、全卵 4 個、卵黄 8 個、グラニュー糖200g、卵白8 個、グラニュー糖100g、クレム・フエテ 700g、ゼラチン40g

ゼラチンを適量の水でふやかして、湯せんにかけて煮溶かします。手鍋にグラニュー糖100gと少量の水を加えて、良く混ぜてから直火にかけて、温度121℃まで煮詰めます。卵白を泡立てて、ここに熱したシロップを注ぎ入れて、そのまま粗熱が取れるまで泡立ててイタリアン・メレンゲとします。全卵と卵黄を良くかき混ぜてからグラニュー糖200gを加えて充分にかき立てます。別に、クリームチーズとフロマージュ・ブラン、それに塩とレモン果汁と皮のすりおろしを良くかき混ぜます。ここに泡立てた全卵と卵黄を加え混ぜます。クレム・フエテを加えて丁寧に混ぜ合わせます。溶かしたゼラチンを混ぜます。最後にイタリアン・メレンゲを混ぜます。

仕上げ

ジェノワーズ(下記)、クレム・シャンティイ、イチゴ、アーモンド直径11センチのフラン型に上記のアパレイユを詰めて厚さ5ミリのジェノワーズをかさねて冷蔵庫で冷し固めます。後、型から外して、縁部分にクレム・シャンティイをひと絞りします。中央にイチゴを盛りかさねて、アーモンドのスライスをふり散らします。

ジェノワーズ Génoise パータ・ジェノワーズ

全卵5個、卵黄3個、グラニュー糖150g、薄力粉85g、コーンスターチ85g、バター70g、バニラ適量

あらかじめ薄力粉とコーンスターチをフルイにとおして混ぜておきます。別に、バターを湯せんにかけて煮溶かしておきます。全卵に卵黄を加えて、全体を良くほぐし混ぜます。ここにグラニュー糖を加えて充分にかき立てます。先の粉類を加え混ぜます。溶かしバターを混ぜたら、直径15センチの丸型に詰めて、温度180℃のオーブンで、30分間を目安に焼きます。

上述の「イチゴ飾りクリームチーズケーキ」は1999年にMORRIS COMPANY, INC.が「デザートカタログ162」を出版するにあたり、東京プリンスホテル製菓調理長 渡辺 義雄 氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

イチゴ飾りクリームチーズケーキの年間アクセス推移

※イチゴ飾りクリームチーズケーキが本サイトに公開された2018年9月21日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月23日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

34

656