Mousse à la mangue,La Traviata

マンゴォムース

マンゴォムース

Loadingお気に入りに追加

マンゴォムースを花弁を模したチョコレートの器にマンゴォムースとクレム・シャンティイを盛り合わせます。

マンゴォピュレ 500g、砂糖300g、水250g、レモン果汁1個、生クリーム500g、板ゼラチン 4枚、トロピカルリキュール適量

マンゴォムースを作ります。生クリームは泡立ててクレム・フエテとします。手鍋に砂糖と水、レモン果汁を加えて、直火で沸騰に導きます。沸騰したら火から下ろして冷まします。ここにマンゴォピュレを混ぜあわせます。クレム・フエテと混ぜあわせて、溶かしたゼラチンを混ぜます。トロピカルリキュールで香味を整えます。小さなドーム型にマンゴォムースのアパレイユを注ぎ入れて、冷蔵庫で冷やしかためます。充分にかたまったら型から抜いて、上面に先と同じアパレイユを細丸口金で星形に絞ります。器とするチョコレートはホワイトチョコレートを赤色素で着色して、きれいなピンク色として、これを大理石の上に拡げて、スケッパで削り、花弁模様に形作ります。このチョコレートの器に好みのビスキュイの円板をのせて、その上にマンゴォムースを重ねます。まわりにクレム・シャンティイを絞り、仕上げとします。

ビスキュイ・ジョコンダBiscuit Joconda

アーモンド200g、粉砂糖200g、全卵250g、小麦粉50g、バター40g、卵白250g、砂糖35g、バニラオイル少々

アーモンドと粉砂糖をローラーにかけます。同割で粉末状に挽いたものをタンプルタン(T.P.T)と呼びます。卵白は砂糖とともに泡立ててメレンゲとします。ボウルにタンプルタンとバニラオイル、ほぐした全卵を加えて、泡立器でよくかき立てます。全体が白っぽくなってきたら、ふるいにとおした小麦粉を混ぜます。さらに泡立てて、湯煎で溶かしたバターを混ぜます。メレンゲを混ぜます。これはテンパンに注ぎ広げて、中温のオーブンで焼きます。

上述の「マンゴォムース」は1988年にMORRIS COMPANY, INC.が「クリームデザート」を出版するにあたり、東京プリンスホテル製菓調理長 渡辺 義雄 氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

マンゴォムースの年間アクセス推移

※マンゴォムースが本サイトに公開された2018年10月15日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月16日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

9

289