Crème froide au thym frais

クレム・フロワ・オ・タン・フレ

クレム・フロワ、タイム香味 / クレム・フロワ・オ・タン・フレ

Loadingお気に入りに追加

クレム・フロワ、タイム香味

クレム・ドゥブルとサワークリームのクレム・フロワで、タイムで香りをつけます。さわやかで、味わいすっきり、初夏のクリームです。

サワークリーム150g、クレム・ドゥブル450g、卵黄2個、全卵1個、砂糖100g、タイム生葉 6茎

タイムの生葉を茎から取り、すり鉢に入れて、サワークリーム少量とともに細かくすりつぶします。残りのサワークリームと混ぜます。クレム・ドゥブルは軽く泡立てます。ボウルに卵黄と全卵、砂糖を加えて、湯煎で温めながらよくかき立てます。湯せんを外して、さめるまでかき混ぜ続けます。タイム味のサワークリームを混ぜます。泡立てたクレム・ドゥブルを混ぜあわせます。好みの器に注ぎ入れて、ビスキュイ・キュイエール(下記参照)を添えて供します。

ビスキュイ・キュイエール / Biscuits cuillère

ビスキュイ・キュイエールは以下で作ります。

卵黄8~10個、卵白8~10個、砂糖120g、薄力粉120g、コーンスターチ120g、バニラ

卵黄にコーンスターチ1/2量を加え混ぜます。残りのコーンスターチは薄力粉と混ぜます。卵白に砂糖を加えて、よく泡立ててメレンゲとします。このメレンゲ1/3量を卵黄と混ぜます。粉類を混ぜたら、残りのメレンゲに軽くあわせます。紙を敷いたテンパンに細棒状に絞ります。グラニュー糖をたっぷりとふりかけて、中温のオーブンで焼きます。

上述の「クレム・フロワ・オ・タン・フレ」は1988年にMORRIS COMPANY, INC.が「クリームデザート」を出版するにあたり、東京プリンスホテル製菓調理長 渡辺 義雄 氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

クレム・フロワ・オ・タン・フレの年間アクセス推移

※クレム・フロワ・オ・タン・フレが本サイトに公開された2018年9月24日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月24日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

11

275