Crème au caramel

クレム・オ・カラメル

クレム・オ・カラメル

Loadingお気に入りに追加

牛乳と卵を主体とするクリームを湯煎焼きにします。これをよく冷やしてから、型から皿に逆に返すことから、別名クレム・ランベルゼとも呼ばれています。型に詰めたカラメルソースが昧のポイントです。また、湯せん焼きでの、焼き加減がクリームの味、なめらかさを左右します。

クレム・オ・カラメル Crème au caramel 別名クレム・ランヴェリゼCrème renversée。

牛乳1000g、全卵8個、卵黄4個、砂糖200g、バニラ1本、砂糖200g、水と湯適量

上記配合の砂糖200gと適量の湯でカラメルソースを作ります。手鍋に砂糖と水を加えて、強火で沸騰に導きます。水をふくませた刷毛で鍋の内側を洗い流します。これはカラメル状になるまで様子を見ながら行ないます。カラメル状になったら少量の湯を加えて、手鍋を前後に軽く動かしながら液を均一にします。カラメルソースの濃さは、水に落し入れてみて底に固まり、手でさわりこすると流れ溶ける程度とします。このカラメルソースを型(タンパル型など)底に適量ずつ流し入れます。手鍋に牛乳と縦に切れめを入れたバニラを入れて直火で人肌まで温めます。ボウルに全卵と卵黄を入れて泡立器でほぐしてから砂糖を混ぜます。温めた牛乳を少量ずつ、かき混ぜながら加えます。シノワに通して表面の泡をすくい取り、さらに紙をかぶせて泡を完全に取り除きます。先に用意した型にアパレイユを型の9分目まで注ぎ詰めます。これはテンパンに並べて、型のまわりに湯を入れます。弱火のオーブンで、40分間を目安に焼きます。オーブンから出したら、そのまま室温で冷まします。冷蔵庫に一晩入れて、翌日、型から抜きます。こうすると型の底部に詰めたカラメルがほど良くなじみます。

オーブンでのの焼き方に注意します。

テンパンの湯が沸騰すると内部に小孔ができてしまいます。

上述の「クレム・オ・カラメル」は1988年にMORRIS COMPANY, INC.が「クリームデザート」を出版するにあたり、東京プリンスホテル製菓調理長 渡辺 義雄 氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

クレム・オ・カラメルの年間アクセス推移

※クレム・オ・カラメルが本サイトに公開された2018年10月15日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月23日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

15

276