Coquillettes aux fraises

コキエット・オ・フレーズ(2)

コキエット・オ・フレーズ(2)

Loadingお気に入りに追加

ビスキュイ・オテロにイチゴ味クレム・シャンティイを絞りはさみます。

クレム・シャンティイ500g、イチゴ100g、フランボワーズリキュール15g、ビスキュイ・オテロ

ビスキュイ・オテロをハート形に絞り焼いて、2枚1組とします。クレム・シャンティイにイチゴピュルプを混ぜて、フランボワーズリキュールで香味を整えます。このクレム・シャンティイをビスキュイ・オテロに絞り、もう一枚のビスキュイ・オテロを重ねます。生のイチゴ輪切りと、フランボワーズピュレを添えて供します。

クレム・シャンティイCrème Chantilly

生クリーム1000g、砂糖(グラニュー糖)40g、バニラ(エッセンス) 適量

大きめのボウルに生クリームと砂糖を入れます。ボウルを氷水で冷やしながら、泡立器で静かに泡立てます。しばらく泡立てると液状からだんだんに粘度が増してきて泡立ってきます。この時の泡立て状態はいわゆる半立て(5分立て)で、ソース状のやわらかさです。この後、泡立てて、泡立器で持ち上げると少し横に倒れる状態が7分~8分立てで、絞るのに適した状態となります。

ビスキュイ・オテロ Biscuit Othello

卵黄10個、砂糖70g、卵白10個、砂糖130g、小麦粉260g、バニラエッセンス少々

卵黄と砂糖70gをかき混ぜて、しっかりとした泡立てとします。別に卵白と砂糖130gをよく泡立ててメレンゲとします。このメレンゲ1/3量を泡立てた卵黄に混ぜます。ふるった小麦粉を混ぜあわせて、残りのメレンゲを軽くあわせます。このアパレイユを丸口金を付けた絞り袋に詰めて、シリコン紙を敷いたテンパンに好みの大きさのハート形に絞ります。中温のオーブンで、20分間を目安に焼きます。

上述の「コキエット・オ・フレーズ(2)」は1988年にMORRIS COMPANY, INC.が「クリームデザート」を出版するにあたり、東京プリンスホテル製菓調理長 渡辺 義雄 氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

コキエット・オ・フレーズ(2)の年間アクセス推移

※コキエット・オ・フレーズ(2)が本サイトに公開された2018年9月22日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月18日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

14

340