Cassata Siciliana

カサータ・シシリアーナ

カサータ・シシリアーナ

Loadingお気に入りに追加

クリームチーズと砂糖漬果実(オレンジピールやレモンピールなど)やナッツ類(ピスターチなど)、チョコレートを混ぜたイタリア銘菓です。

a)クリームチーズ350g、砂糖漬け果実(各種) 350 g、ピスターチ50g、ビタチョコレート100g、ポル卜酒50g、b)スウィートチョコレート450 g、ミルクチョコレート450 g、バター675 g、生クリーム450g、マドレーヌ

上記配合(a)で、チーズクリームを作ります。クリームチーズをスパテラでよくかき混ぜてクリーム状にして、細かく刻んだ砂糖漬け果実とピスターチ、ビタチョコレートを混ぜます。ポルト酒で香味を整えます。幅5センチのトヨ型を用意して、この型に厚さ1センチのマドレーヌを詰めます。この上にチーズクリームを厚さ2センチに詰めます。先ほどと同じくマドレーヌを重ねて、このままで冷蔵庫で冷やしかためます。仕上げ用チョコレートクリームを作ります。手鍋に生クリームを入れて、直火で沸騰に導きます。ボウルにチョコレート二種類を細かく刻んで入れます。ここに熱した生クリームを注いで、スパテラでよくかき混ぜます。この粗熱が取れたら、ポマード状に練ったバターを混ぜます。先のマドレーヌ生地にはさんだチーズクリームが固まったら、チョコレートクリームを全体にぬり広げて、同じチョコレートクリームを好みの形に絞ります。

マドレヌ・ドゥ・コメルシィMadeleinesde Commercy

卵黄5個、砂糖250g、卵白5個、小麦粉250g、バター250g、レモン果汁適量

卵白に半量の砂糖を加えてよく泡立ててメレンゲ状にします。卵黄に残りの砂糖を加えてよく泡立てます。ここに煮溶かした熱いバターを加えて、小麦粉とメレンゲ、レモン果汁を丁寧に混ぜます。幅5センチのトヨ型に詰めて、高温のオーブンで焼きます。オーブンから出したら粗熱を取り、型から外して、厚さ2センチの薄切りにして、二枚ひと組とします。

上述の「カサータ・シシリアーナ」は1988年にMORRIS COMPANY, INC.が「クリームデザート」を出版するにあたり、東京プリンスホテル製菓調理長 渡辺 義雄 氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

カサータ・シシリアーナの年間アクセス推移

※カサータ・シシリアーナが本サイトに公開された2018年10月15日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月23日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

24

331