Petit chocolat praliné croquant

プティ・ショコラ・プラリネ・クロカント

プラリネ・クロカント / プティ・ショコラ・プラリネ・クロカント

Loadingお気に入りに追加

プラリネ・クロカント

ヌガーの刻みを混ぜた、ラム香味のチョコレートバーです。丸棒状に形を整えて,マジパンで包んでからクーヴェルテュールで覆います。

バター(無)250gフォンダン150gスウィートチョコレート 400gダークラム20ml ヌガー350g

バターをやわらかく練り、フォンダンを加えて、さらに良く練り、なめらかなクリーム状とします。スウィートチョコレートを溶かして、上記のクリーム状のバターなどを混ぜます。ヌガーを混ぜ、さらにダークラムを加えて香味を整えます。これを直径2センチの丸棒状に整えます。配合外のローマジパンを薄く伸してチョコレートに巻き、クーヴェルテュールに浸して全体を覆います。このまま冷し固めて (写真後)好みの大きさに切り分けます。表面模様はクーヴェルテュールが固まる前にスプレーなどで空気を吹きかけて波模様(写真手前)としたり、金粉をふりかけたり(写真中)できます。

ヌガーは、グラニュー糖250g、アーモンド100gの配合で、アーモンドはスライス薄切りをオーブンでローストします。手鍋にグラニュー糖を入れて、直火にかけてカラメル状まで熱します。ここにアーモンドを混ぜます。ベーキングシートに薄く広げて冷まして、細かく砕いておきます。

上述の「プティ・ショコラ・プラリネ・クロカント」は2003年にMORRIS COMPANY, INC.が「チョコレート菓子」を出版するにあたり、センチュリーハイアット東京 製菓長 松浦 惇 氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

プティ・ショコラ・プラリネ・クロカントの年間アクセス推移

※プティ・ショコラ・プラリネ・クロカントが本サイトに公開された2018年10月1日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月23日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

33

432