Petit chocolat crème caramel,Caramel bar

カラメルヌガー・チョコレートバー

カラメルヌガー・チョコレートバー

Loadingお気に入りに追加

細かいヌガーを混ぜたカラメル・ガナッシュを長方形に形作るものです。形状の検討もありますが、この位の大きさで商品としたいものです。何本か、種類を揃えてギフト商品とします。

グラニュー糖200g、生クリーム150g、水アメ 10g、フォンダン50g、ミルクチョコレート 100g、カカオバター50g、ヌガー適量

ヌガーは細かく砕いておきます。ミルクチョコレートとカカオバターを溶かし混ぜます。手鍋にグラニュー糖と水アメ、少量の水を入れて、直火にかけてカラメル状まで煮詰めます。ここに温めた生クリームを注ぎ入れて溶き伸ばします。フォンダンを加えて、全体を良く混ぜ合わせます。これを大理石の上に広げてスパテラで良く練り合わせます。ボウルに移し入れます。先の溶かしたミルクチョコレートを加え混ぜます。細かく砕いたヌガーを混ぜて、なめらかな状態とします。平トレイにラップをしきます。ここに上記のガナッシュを厚さ2センチほどに広げます。上面を整えてから冷蔵庫で冷し固めます。後、好みの幅の長方形に切り分けます。別に用意したチョコレートに浸して、全体を覆います。チョコレートが乾く前に上面に筋を引いたり(写真手前)金粉を飾って(写真後方)仕上げとします。

ヌガー

グラニュー糖 200g、水 300ml、スライスアーモンド 50g

手鍋にグラニュー糖と少量の水を入れてカラメル状まで煮詰め、ローストしたアーモンドを加えて混ぜます。大理石の上に広げて薄く伸して好みの大きさの円形に抜きます。

上述の「カラメルヌガー・チョコレートバー」は2003年にMORRIS COMPANY, INC.が「チョコレート菓子」を出版するにあたり、センチュリーハイアット東京 製菓長 松浦 惇 氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

カラメルヌガー・チョコレートバーの年間アクセス推移

※カラメルヌガー・チョコレートバーが本サイトに公開された2018年9月18日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月25日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

18

338