Pavés chocolat aux sesames

パヴェ・ショコラ・オ・セザム

セザミ・チョコレートケーキ、フルーツ添え / パヴェ・ショコラ・オ・セザム

Loadingお気に入りに追加

セザミ・チョコレートケーキ、フルーツ添え

チョコレート味の別立て生地に白ゴマを散らして薄焼きにします。この生地だけでも充分な味わいがありますので、半生菓子としてギフト用に使うこともできます。この生地と季節のフルーツをとり合わせてデザートとして供します。

ビターチョコレート125g、バター125g、卵黄 3 個、グラニュー糖60g、薄力粉 12g、卵白125g、グラニュー糖 60g。

白ゴマ5gビターチョコレートを細かく刻んで、湯せんにかけて溶かします。これを温度30℃に調温して、やわらかく練ったバターを加えて良く混ぜ合わせます。卵白を泡立てます。軽く泡立ってきたらグラニュー糖を加えて、さらに充分に泡立ててメレンゲ状とします。別に、卵黄にグラニュー糖を加えて充分に泡立てます。ここに先の溶かしたチョコレートとバターを加え混ぜます。さらにメレンゲを加えて丁寧に混ぜ合わせます。最後に薄力粉を混ぜます。テン板に1.5センチ幅の鉄棒で枠を作り、その内側に紙をしき込みます。ここに上記のアパレイユを注ぎ詰めます。上面を整えてから白ゴマをふりかけます。温度170℃のオーブンで、25分間を目安に焼きます。オーブンから出したら粗熱を取り冷まします。

仕上げ

焼き菓子として利用するには、好みの大きさに切り分けて包装します。また、デザートに利用するには、生地を好みの形に切りわけて、皿に移します。別に用意したチョコレートソースを線絞りして、チョコレートフリルを飾ります。赤と白色のグレープフルーツを彩りよく並べて、フランボワーズソースを添えます。ミント葉を飾ります。

上述の「パヴェ・ショコラ・オ・セザム」は2003年にMORRIS COMPANY, INC.が「チョコレート菓子」を出版するにあたり、センチュリーハイアット東京 製菓長 松浦 惇 氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

パヴェ・ショコラ・オ・セザムの年間アクセス推移

※パヴェ・ショコラ・オ・セザムが本サイトに公開された2018年10月2日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月24日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

14

264