Lemon chiffon pie

レモン・シフォンパイ

レモン・シフォンパイ

Loadingお気に入りに追加

レモン果汁入りの卵黄クリームとメレンゲを組み合わせるもの。柑橘類のオレンジやグレープフルーツなどにも応用できます。

ゼラチン(粉)4g、冷水50ml、グラニュー糖100g、レモン果汁100ml、塩少々、卵黄4個、レモン皮1個、卵白4個、グラニュー糖100g、パート・フィユテ(パイ生地)、クレム・シャンティイ

あらかじめパート・フィユテ(パイ生地)を用意して、好みの型にしき込み、底面を充分にピケしてから紙を被せてタルトストンを詰めます。これを温度180℃のオーブンで30分間を目安にカラ焼きします。

オーブンから出したら粗熱を取り、紙などを除いて冷まします。ゼラチンに冷水を加えて、良く混ぜてから5分間ほどふやかしておきます。後、湯せんにかけて溶かします。卵白は泡立器で良くかき立ててから、グラニュー糖を加えて充分に泡立ててメレンゲ状とします。

別に、卵黄をボウルに入れて、泡立器で良くほぐしてから、グラニュー糖とレモン果汁、塩を加えて、湯せんにかけながら充分に泡立てて、なめらかなクリーム状となるまで煮上げます。後、湯せんを外して、先のゼラチン液とレモン皮のすりおろしを加え混ぜます。そのまま粗熱を取り、冷ましてから、先のメレンゲに加えて丁寧に混ぜ合わせます。

あらかじめカラ焼きしておいたパイ生地に、上記のアパレイユを注ぎ詰めて、上面を整えてから、冷蔵庫で2時間ほど冷し固めます。別に用意したクレム・シャンティイ(加糖して立てた生クリーム)を上面に円錐形に絞ります。レモン皮の薄切りをシロップ煮したものを飾ります。

上述の「レモン・シフォンパイ」は1999年にMORRIS COMPANY, INC.が「デザートカタログ162」を出版するにあたり、東京プリンスホテル製菓調理長 渡辺 義雄 氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

レモン・シフォンパイの年間アクセス推移

※レモン・シフォンパイが本サイトに公開された2018年10月10日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月16日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

38

1050