Rum cheese quiche

ラム・チーズ・キッシュ

ラムレーズン・チーズキシュ / ラム・チーズ・キッシュ

Loadingお気に入りに追加

ラムレーズン・チーズキシュ

ラム酒で和えたレーズンを加えるチーズ・キッシュ。ラムレーズンはアメリカ独特の風味です。

クリームチーズ120g、生クリーム100ml、バター(無塩)120g、砂糖100g、全卵3個、レーズン100g、ダークラム100ml、パート・ブリゼ(下記)

適量あらかじめパート・ブリゼを下記参照で用意して、型にしき込んで、底面を充分にピケしておきます。チーズのアパレイユを作ります。手鍋にレーズンとラムを入れて、ごく弱火にかけて3~4 分間ほど煮ます。ラムのアルコール分を熱を加えることで蒸発させて、香味のみをレーズンに加えます。クリームチーズをスパテラで良く練り返して、ここにバターを加えて充分にすり立てます。なめらかなクリーム状となったら、砂糖と全卵を加えて、さらにかき立てます。全体がなめらかに泡立った状態となったら、先のレーズンを混ぜます。このまま冷蔵庫でひと晩休ませます。翌日、用意した型に注ぎ詰めて、温度190℃のオーブンで、20~30分間を目安に焼きます。オーブンから出したら、温製の場合には、温かいうちに、冷製の場合には、充分に粗熱を取ってから供します。

Pâte brisee / パート・ブリゼ

薄力粉500g、バター250g、卵黄2個、塩10g、水100ml

薄力粉をフルイにとおしてからバターを加えて両手ですり混ぜます。フォンテーヌ状として、卵黄と水、塩を入れて良く混ぜてから、周りの粉類をひき込むようにして混ぜ合わせます。全体をひとまとめにしながら軽く練ります。めん棒で薄く伸してからタルト型にしき込みます。

上述の「ラム・チーズ・キッシュ」は1999年にMORRIS COMPANY, INC.が「デザートカタログ162」を出版するにあたり、東京プリンスホテル製菓調理長 渡辺 義雄 氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

ラム・チーズ・キッシュの年間アクセス推移

※ラム・チーズ・キッシュが本サイトに公開された2018年10月7日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月21日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

27

491