Vegan walnuts cake

ベジ・ナッツケーキ

ベジ・ナッツケーキ

Loadingお気に入りに追加

「ベジ・フルーツバー」の応用です。フルーツバーを試作していて、気がついたのは、元の配合ですと焼き上がりの「水分」が多いことでした。どうしても食感がなじみません。そこで、元の配合から水分を減らして試みたのが、先の「ベジ・フルーツバー」の配合です。ここで注意したいのはアンズを水でふやかすことです。配合の構成からは「水分」として濃縮リンゴ果汁が加わりますので、アンズからの水分は減らしたほうが良さそうでした。この試作の過程から、いくつかの商品ができて、食感も良いと思われたのが、ここで紹介する「ベジ・ナッツケーキ」です。構成は、小麦全粒粉とドライフルーツ(アンズとレーズン)、ナッツ類(クルミ)、アーモンド油、果実(バナナ)です。油脂はキャノーラ油や大豆油などでも良いでしょう。食感を軽くするためにベーキングパウダーを加えています。クルミ以外のナッツ類にも利用できます。

小麦全粒粉50g、クルミ50g、アンズ100g、バナナ30g、レーズン50g、モラセス25g、アーモンドオイル15g、ベーキングパウダー2g

丸型に油をぬり広げて、ワックスペーパーをしき込みます。乾しアンズとレーズンを、別々の水に浸して果肉をふくらませます。この水分を十分に切って、細かく刻みます。クルミも細かく刻んで、これらを小麦全粒粉とともにロボクープで混ぜます。ベーキングパウダーとバナナ、モラセス、アーモンド油を加えて、良く混ぜ合わせます。最後にレーズンを混ぜます。先に用意した丸型に詰めて、上面を整えて、配合外のクルミを散らします。温度180℃のオーブンで、25分間を目安に焼きます。オーブンから出したら、粗熱を取り、型から外して切りわけます。

補足

今回の試作では丸型を用いましたが、パウンド型やテン板などを使ってみるのも好みです。このような構成のものは型の厚さ(深さ)によっても仕上がりの状態は大きく変わります。見た目の印象も違ってきますので、さまざまな形で試みて下さい。

できあがり

直径12センチ丸型、1台分/用意する時間20分間/加熱時間20~25分間

上述の「ベジ・ナッツケーキ」は2008年にMORRIS COMPANY, INC.が「ベジ・スイーツ ~からだにやさしい洋菓子~」を出版するにあたり、センチュリーハイアット東京 製菓長 松浦 惇 氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

ベジ・ナッツケーキの年間アクセス推移

※ベジ・ナッツケーキが本サイトに公開された2018年9月28日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月17日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

10

273