Vegan fruit bars

ベジ・フルーツバー

ベジ・フルーツバー

Loadingお気に入りに追加

ドライフルーツとナッツ類、小麦全粒粉、オート麦、大豆油、フルーツ果汁を主体にした、栄養素豊かなフルーツ・バー。果実2品+麦2品十草木の種実のミックスを大豆油とリンゴ果汁でつないだ薄焼き小菓子です。植物性素材だけで作るのでヴィーガンの人にも向きます。

乾しアンズ(丸実)150g、乾しアンズ(半割)50g、レーズン100g、ミックスナッツ100g、乾燥ココナツ50g、小麦全粒粉50g、オート麦レギュラー50g、大豆油25g、濃縮リンゴ果汁50g、アーモンドエッセンス1g、カボチャ種子30g

角型(25×30センチ)の内側に油をぬり、ワックスペーパーをしき込みます。乾しアンズとレーズンを、別々の水に浸して果肉をふくらませます。ボウルに小麦全粒粉とオート麦を混ぜて、ふやかしたアンズとレーズン、ミックスナッツ、ココナツ、カボチャ種子を加えて、ロボクープでよく混ぜます。大豆油とリンゴ果汁、アーモンドエッセンスを加えて、よく混ぜます。もし、固いようなら、水分(果汁や浸し汁)を加えて整えます。このミックスを型に移して、型の隅々までカードできっちり詰め、表面を平らに整えます。温度170℃のオーブンで、30分~40分間を目安に焼きます。オーブンから出して、型に入れたまま冷まします。後に、好みの幅に切り分けます。

できあがり

スライス18枚/用意する時間10分間(果実を水に浸すのに+12時間)/加熱時間30~40分間

上述の「ベジ・フルーツバー」は2008年にMORRIS COMPANY, INC.が「ベジ・スイーツ ~からだにやさしい洋菓子~」を出版するにあたり、松浦 惇 氏(センチュリーハイアット東京 製菓長)、野澤 謙 氏(ディズニー・アンバサダーホテル製菓・製パン部門責任者)の両氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

ベジ・フルーツバーの年間アクセス推移

※ベジ・フルーツバーが本サイトに公開された2018年9月28日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月28日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

みんなのお気に入り

今月人気のレシピ

同じカテゴリのレシピ

img1
img1

32

315