Fruit scones

レーズン・スコーン

レーズン・スコーン

Loadingお気に入りに追加

小麦全粒粉、バター、全卵、牛乳、ハチミツを主体としたレーズン・スコーン。しっとりと噛むほどに味わい深く、バターやジャム、またハチミツがよく合います。

小麦全粒粉細挽き260g、無塩バター50g、ミックススパイス1g、ベーキングパウダー5g、レーズン50g、ハチミツ40g、牛乳80g、全卵1個、飾り用イチジク、アンズ、ヘーゼルナッツ

ボウルに小麦全粒粉とベーキングパウダー、ミックススパイスをフルイに通し混ぜます。バターは小さく切って、粉類に移して、両手ですり合わせるようにして混ぜます。これにレーズンを加えて軽く混ぜます。別のボウルに、ハチミツと牛乳を加え混ぜます。これを粉類に注ぎ入れ、粉を引きこむように混ぜて、やわらかい生地にまとめます。この生地を、めん棒で厚さ1.5センチに伸して、直径4.5センチの丸抜き型で抜きます。または四角形(4.5センチ×3センチ)、長方形(7×2.5センチ)に切りわけます。テン板に移して、つやだし用の溶き卵を刷毛でぬり、イチジクやアンズなどのドライフルーツやヘーゼルナッツなどを飾ります。温度180℃のオーブンで、20分間を目安に焼きます。

できあがり

スコーン20個/用意する時間10分間/加熱時間15~20分間

上述の「レーズン・スコーン」は2008年にMORRIS COMPANY, INC.が「ベジ・スイーツ ~からだにやさしい洋菓子~」を出版するにあたり、松浦 惇 氏(センチュリーハイアット東京 製菓長)、野澤 謙 氏(ディズニー・アンバサダーホテル製菓・製パン部門責任者)の両氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

レーズン・スコーンの年間アクセス推移

※レーズン・スコーンが本サイトに公開された2018年9月30日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月23日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

14

297