Chestnut (Marron) tofu cream roll

マロン豆腐クリームロール

マロン豆腐クリームロール

Loadingお気に入りに追加

小麦全粒粉、バナナ、桃のピュレ、キビ砂糖シロップ、キャノーラ油を主体とするロール生地で、豆腐、豆乳、アーモンド粉、キビ砂糖などを米粉とタピオカでつないだマロン豆腐クリームを巻きます。「レモン豆腐クリームロール」を応用したものといえます。

ロール生地

小麦全粒粉300g、ベーキングパウダー5g、ベーキングソーダー5g、塩1g、桃(ピュレ)200g、バナナ150g、キビ砂糖シロップ150g、キャノーラ油100g、天然バニラエッセンス適量、シナモン0.5g

ロール生地を作ります。小麦全粒粉とベーキングパウダー、塩をフルイに通して混ぜます。ボウルにバナナとキビ砂糖シロップを入れ、ブレンダーでよく混ぜてなめらかなピュレ状とします。ここにキャノーラ油、桃のピュレ、バニラエッセンスを加えてよく混ぜます。温湯で溶いたベーキングソーダーと粉類を丁寧に混ぜます。テン板にベーキングシートまたはクッキングシートをしき込み、先の生地を厚さ1センチに広げます。上面をきれいに整えて、温度170℃のオーブンで、15分間を目安に焼きます。オーブンから出したら、粗熱をとり、テン板から紙ごと外して充分に冷まします。

マロンとうふクリーム

豆腐(絹)200g、豆乳250g、アーモンド粉50g、塩0.5g、キビ砂糖50g、米粉20g、タピオカ粉10g、天然バニラエッセンス適量、マロン(裏ごし)300g、豆腐クリーム80g、キビ砂糖シロップ適量、天然バニラエッセンス適量

マロン豆腐クリームを作ります。ボウルに豆腐と豆乳を入れてブレンダーで細かくつぶしてピュレ状にします。これにアーモンド粉を加えてよく混ぜてから、手鍋に移して湯せんにかけて熱します。別のボウルに、キビ砂糖とタピオカ粉、米粉、バニラエッセンスを入れて、よく混ぜ合わせます。先の熱した豆腐液を少量ずつ加えながらよく混ぜます。再び、手鍋に入れて湯せんにかけてクリーム状に煮上げます。マロンの裏ごしに、煮上げた豆腐クリームとバニラエッセンスを加えて、なめらかなクリーム状になるまで練ります。これにキビ砂糖シロップを適量加え、固さを調節します。

仕上げ

シート状に焼いた生地を大きさと厚さをきれいに整えます。この生地にマロン豆腐クリームをぬり広げます。すぐに端から丁寧に巻きます。全体を紙で包んで冷蔵庫で冷し固めます。後、好みの幅に切りわけ、上記の豆腐クリームかマロン豆腐クリームを上面にうすくぬり広げて、さらに同じクリームを絞ります。マロンの刻みかナッツ類を飾ります。

できあがり

3.5×40×高さ1センチ、1枚分/用意する時間20分間/加熱時間15~30分間

上述の「マロン豆腐クリームロール」は2008年にMORRIS COMPANY, INC.が「ベジ・スイーツ ~からだにやさしい洋菓子~」を出版するにあたり、センチュリーハイアット東京 製菓長 松浦 惇 氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

マロン豆腐クリームロールの年間アクセス推移

※マロン豆腐クリームロールが本サイトに公開された2018年9月17日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月22日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

11

241