Banana tofu cake

バナナ豆腐ケーキ

バナナ豆腐ケーキ

Loadingお気に入りに追加

小麦全粒粉、天然甘味料(ブラウンシュガー)、キャノーラ油を主体にして、豆腐とバナナを加えた半生タイプの焼き菓子です。小さなパウンド型で焼いて、上面をキビ砂糖のフォンダンがけにして、ペカンナッツのカラメルがけを飾ります。

小麦全粒粉265g、ベーキングパウダー3g、ベーキングソーダー1.5g、塩2g、バナナ300g、豆腐(絹)180g、ブラウンシュガー110g、キャノーラ油45g、天然バニラエッセンス適量

ボウルに、小麦全粒粉とベーキングパウダー、塩をフルイに通して混ぜ入れます。別のボウルに熟したバナナと豆腐を入れて、ハンドミキサーなどで細かくつぶし、ブラウンシュガーとキャノーラ油、バニラエッセンスを加えて、なめらかなペースト状にします。少量の湯で溶いたベーキングソーダーを混ぜます。これを先の粉類に加えて、全体を良く混ぜます。小さなパウンド型の内側に油をぬり広げて、ワックスペーパーをしき込みます。この型に生地を注ぎ詰めて、上面を整えます。温度180 ℃のオーブンで、焼き面が乾いて中に火がとおるまで、約40分間を目安に焼きます。オーブンから出したら、粗熱を取り、型から外して完全に冷まします。キビ砂糖のフォンダンを全体にかけて、ペカンナッツのカラメルがけを飾ります。

キビ砂糖フォンダン

キビ砂糖200g、水70ml、水アメ20g

手鍋にキビ砂糖と水、水アメを入れて、直火にかけ、温度116℃まで煮詰めます。これを大理石の上に移し、温度35℃まで冷ましてから全体を丁寧に練り混ぜます。

レモン風味豆腐クリーム(トッピング)

豆腐(絹)370g、熟したバナナ115g、レモン果汁大さじ1、レモン果皮小さじ1/4、パイナップル果汁大さじ3、玄米アメ/ハチミツ約大さじ4、天然バニラエッセンス適量

レモン風味豆腐クリームで仕上げる方法もあります。このトッピングは上記配合です。豆腐は水切りするか、布で包んで水気をしぼります。バナナは裏ごしてレモン汁を加えて混ぜます。ボウルに豆腐を入れてほぐし、ハンドミキサーなどでなめらかなペースト状にします。バナナ、レモン皮のすりおろし、玄米アメ、バニラエッセンスを加えて泡立てるように混ぜます。しばらく冷蔵庫で冷やします。

補足

写真はケーキ型で焼きました。平焼きで仕上げる場合は、生地が冷えてからトッピングを塗り広げ、冷蔵庫で冷やしてから、切り分けて飾る方法もあります。生地が固めなので、必要に応じて水分(裏ごしバナナ、豆乳、パイナップル果汁など)を加えます。

できあがり

10×5×4センチパウンド型2台分/用意する時間15分間/加熱時間40分間

上述の「バナナ豆腐ケーキ」は2008年にMORRIS COMPANY, INC.が「ベジ・スイーツ ~からだにやさしい洋菓子~」を出版するにあたり、センチュリーハイアット東京 製菓長 松浦 惇 氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

バナナ豆腐ケーキの年間アクセス推移

※バナナ豆腐ケーキが本サイトに公開された2018年9月30日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月17日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

20

315