Weekend

ウィケン

ウィケン

Loadingお気に入りに追加

ウィッケン(週末)と名づけられたバターケーキ。レーズンやクルミ、オレンジピールなどを加えたもので、週末の楽しいひとときを過ごすには最適の菓子です。ここでは基本配合にレモンの香りとカレンツを加えて、綺麗に飾ったスタイルを紹介します。この他にもその時の気分に合わせて、クルミやオレンジピールなどを使ってみて下さい。また、形も丸くしたり、四角にしたり、さまざまに工夫を加えて下さい。金曜日から日曜日までの、週末のちょっと洒落た菓子としてご用意下さい。

バター 750g、砂糖800g、薄力粉 600g、コーンスターチ 400g、全卵18個、ベーキングパウダー 5g、カレンツ 500g、クルミ 200g、オレンジピール 200g

薄力粉とコーンスターチ、ペーキングパウダーをフルイにとおしながら良く混ぜ合わせます。レーズンは温湯でほぐしてから配合外のラムで和えます。バターを良く練り返してからポマード状にします。ここに砂糖を加えて充分にすり立てます。さらに全卵を少量ずつ加えながら、さらにすり立てます。全体がしっかりとすり立った状態となったら、レーズンを加え混ぜます。粉類を加えて丁寧に混ぜ合わせます。好みの型に注ぎ詰めて、温度180 ℃のオーブンで焼きます。オーブンから出したら粗熱を取り、型から外して冷まします。後、アンズジャムを全体にぬり広げて、クルミやアーモンド、オレンジピール、レモンピール、チェリーの砂糖漬けなどを並べます。この上から全体にフォンダングラッセして仕上げとします。

この配合は基本形。

レモン皮のすりおろしと果汁を加えるとプレインなものとなります。好みによってカレンツやクルミ、オレンジピールやココア粉、チョコレートを加えてさまざまに利用することができます。

上述の「ウィケン」は1999年にMORRIS COMPANY, INC.が「デザートカタログ162」を出版するにあたり、東京プリンスホテル製菓調理長 渡辺 義雄 氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

ウィケンの年間アクセス推移

※ウィケンが本サイトに公開された2018年10月5日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月18日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

14

334