Tourist cake

ツーリスト・ケーキ(1)

英語版
ツーリスト・ケーキ(1)

Loadingお気に入りに追加

旅行用菓子とは楽しそうではないですか。山登りや海辺への小旅行に持参してみたい、楽しさが増すような気持ちです。フルーツ類がたくさん入っているので、栄養価も高く、保存食としても、携行食の考え方でしょうか。機能性は別にして、美しい景色の中でお茶と楽しむもの、ぐらいの軽く考えたいですね。

バター200g、砂糖150g、蜂蜜150g、全卵4個、薄力粉100g、コーンスターチ100g、ベーキングパウダー5g、レモン皮/果汁1個、砂糖漬けチェリー120g、アーモンド(全粒)120g、アーモンド粉60g、カランツ/サルタナ240g

カランツとサルタナ(レーズン)は好みで選んで、量を組合わせます。これらを温湯でほぐして水気を切ります。砂糖漬けチェリーとアーモンド全粒を粗刻みにします。これらをアーモンド粉と混ぜて、レモン皮のすりおろしと果汁を混ぜます。薄力粉とコーンスターチ、ベーキングパウダーをフルイにとおして混ぜます。バターをやわらかく練りかえして砂糖と蜂蜜を加えて、充分にすり立てます。ここに全卵を少量ずつ加えながら、さらにすり立てます。先のフルーツ類を混ぜて、粉類を丁寧に混ぜ合わせます。 一辺が15センチほどの正方形の型を用意して、型の内側に油をぬり広げて小麦粉をまぶ します。この型にアパレイユを詰めて上面を整えます。アーモンドの薄切りをきれいに並べて、温度160~180 ℃のオープンで、60~70分間を目安に焼きます。オーブンから出したら粗熟を取り、型から外して冷まします。粉砂糖をふりかけて仕上げとします。持ち運びに便利なようにセロファン紙などで包みます。

上述の「ツーリスト・ケーキ(1)」は1995年にMORRIS COMPANY, INC.が「焼き菓子403」を出版するにあたり、東京プリンスホテル製菓調理長 渡辺 義雄 氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

ツーリスト・ケーキ(1)の年間アクセス推移

※ツーリスト・ケーキ(1)が本サイトに公開された2018年10月11日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月23日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

15

276