Tarte aux fruits à la crème frangipane

タルト・オ・フリュイ・ア・ラ・クレム・フランジパヌ

アーモンド・フルーツタルト / タルト・オ・フリュイ・ア・ラ・クレム・フランジパヌ

Loadingお気に入りに追加

アーモンド・フルーツタルト

タルトレット型でタルト生地とアーモンドクリームを共焼きにして、その上に季節の果実類を盛り合わせます。ベースは同じで、さまざまなフルーツに利用できる、とても便利なものです。

牛乳1000ml、全卵4個、卵黄4個、砂糖200g、薄力粉70g、アーモンド粉100g、バニラ適量、パート・ブリゼ適量、果実類適量

あらかじめタルトレット型にパート・ブリゼ をしき込んでおきます。手鍋に牛乳と縦に切れめを入れたバニラを入れて、直火にかけて沸騰に導きます。別に、全卵と卵黄を良くかき混ぜてから砂糖を加えて充分に泡立てます。ここに薄力粉を加え混ぜます。先の熱した牛乳を少量ずつ加えながら、良く混ぜ合わせます。これをフルイにとおして、手鍋に移し入れます。再び、中火にかけながらスパテラで全体を良く混ぜながら煮上げます。この粗熱を取ったら、アーモンド粉を混ぜ合わせて、なめらかなクリーム状とします。先に用意した型に、上記のクリームを型の半分まで詰めます。温度220℃のオーブンで、20分間を目安に焼きます。オーブンから出したら、粗熱を取り、型から外して冷まします。季節の果実類 (イチゴやグレープフルーツ、ブルーベリーなど)を用意して、それぞれの上面に彩り良く並べます。これらの果実類にナパージュをぬり広げて仕上げとします。

パート・ブリゼ / Pâte brisee

薄力粉 500g、バター250g、卵黄 2 個、塩10g、水100ml

薄力粉をフルイにとおしてからバターを加えて両手ですり混ぜます。フォンテーヌ状として、卵黄と水、塩を入れて良く混ぜてから、周りの粉類をひき込むようにして混ぜ合わせます。全体をひとまとめにしながら軽く練ります。めん棒で薄く伸してからタルト型にしき込みます。

上述の「タルト・オ・フリュイ・ア・ラ・クレム・フランジパヌ」は1999年にMORRIS COMPANY, INC.が「デザートカタログ162」を出版するにあたり、東京プリンスホテル製菓調理長 渡辺 義雄 氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

タルト・オ・フリュイ・ア・ラ・クレム・フランジパヌの年間アクセス推移

※タルト・オ・フリュイ・ア・ラ・クレム・フランジパヌが本サイトに公開された2018年10月5日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月17日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

20

279