Hlazelnut sponge cake

ヘイゼルナッツ・スポンジケーキ

ヘイゼルナッツ・スポンジケーキ

Loadingお気に入りに追加

コーンスターチ入り共立法バタースポンジ。型の内側にヘイゼルナッツの薄刻みをまぶしておきます。ここに蜂蜜入りバタースポンジを詰めて焼きます。薄力粉の一部をポテトフラ ワーかコーンスターチに代えて、軽さをだします。

全卵2個、卵黄3個、グラニュー糖150g、蜂蜜15g、薄力粉60g、ポテトフラワーまたはコーンスターチ60g、バタ一120g、へイゼルナッツ刻み90g

直径20センチの丸型を用意して、型の内側に溶かしバターをぬり広げてから刻んだヘイゼルナッツを全休にまぶします。薄力粉とコーンスターチをフルイにとおして混ぜます。手鍋にバターを入れて湯せんで溶かします。全卵と卵黄を泡立器で良くほぐして、グラニュー糖と蜂蜜を加えて、よく泡立てます。全体がぼってりと白っぽくなったら、先の粉類を加えてスパテラで丁寧に混ぜ合わせます。溶かしバターを混ぜます。先に用意した型にアパレイユを注ぎ詰めて、温度180℃のオーブンで、45分間を目安に焼きます。オーブンから出したら粗熱を取り、型から外して冷まします。仕上げは好みですが、ごく簡単に、ブドウ葉の形に粉砂糖をふりかけます。他の方法では、泡立てた生クリームを星口金を付けた絞り袋に詰めて品よく絞ります。ヘイゼルナッツを薄く輪切りにしたものを型の内側に貼り付けました。とても綺麗な仕上がりとなりましたので、ブドウの葉の形にボール紙を切って上面に置いて、粉砂糖をふりかけました。簡単な仕上げでも、とても良い感じになりました。

上述の「ヘイゼルナッツ・スポンジケーキ」は1995年にMORRIS COMPANY, INC.が「焼き菓子403」を出版するにあたり、東京プリンスホテル製菓調理長 渡辺 義雄 氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

ヘイゼルナッツ・スポンジケーキの年間アクセス推移

※ヘイゼルナッツ・スポンジケーキが本サイトに公開された2018年10月13日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月18日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

33

469