Frutti cassis

フリュティ・カシス

カシス・バターケーキ / フリュティ・カシス

Loadingお気に入りに追加

カシス・バターケーキ

アーモンドクリームにカシスを詰めて共焼きにします。クリームの香料と、中に詰めるフルーツを代えることで、さまざまに応用できます。

バター250g、砂糖200g、全卵 250g (5個)、アーモンド粉 200g、薄力粉75g、カシス香料 40ml

バターに砂糖を加えて充分にすり立てます。全体が白っぽくなってきたら、全卵を少量ずつ加えながら、さらにすり立てます。ここにアーモンド粉と薄力粉を加え混ぜます。カシス香料を加えて香味を整えます。丸口金を付けた絞り袋に詰めます。パン・ド・ジェーヌの型にパート・シュクレ をしき込みます。型の底面を充分にピケしたら、先のアパレイユを型の1/3 ほどまで絞り詰めます。その上に生のカシスをふり散らします。再び、先のアパレイユを縁部分まで絞り詰めます。温度200℃のオーブンで焼きます。オーブンから出したら、粗熱を取り、型から外します。このまま充分に冷ましたら、上面にカシス香味のナパージュをぬり広げます。

パート・シュクレ Pâte sucrèe

バター550g、粉砂糖225g、小麦粉625g、コーンスターチ125g、塩4g、全卵 80g、水35ml

小麦粉とコーンスターチをフルイにとおしながら混ぜ、フォンテーヌ状として、中央のくぼみにバターと粉砂糖を入れてすり混ぜます。 全卵と水、塩を加えて、さらにすり混ぜます。 周りの粉類を引き込むようにして混ぜて、全体をまとめます。 手粉をふった台に移して、めん棒でうすく伸します。 パン・ド・ジェーヌの型にしき込みます。

上述の「フリュティ・カシス」は1999年にMORRIS COMPANY, INC.が「デザートカタログ162」を出版するにあたり、東京プリンスホテル製菓調理長 渡辺 義雄 氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

フリュティ・カシスの年間アクセス推移

※フリュティ・カシスが本サイトに公開された2018年10月5日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月23日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

35

592